頭皮に優しい正しいシャンプーの仕方とは

最近は頭皮にトラブルをお持ちの方や、ご相談もよくお聞きしますので、

【頭皮に優しい正しいシャンプーの仕方】ということで頭皮ケアの視点からシャンプーについて書いていきたいと思います。

 

自分に合うシャンプー探しも大切ですが、正しいシャンプーのやり方を身につけることで頭皮や髪の毛への負担を減らし、清潔で頭皮のトラブルを減らすことで、美髪に近づくことができるでしょう。

 

 

【頭皮に優しい正しいシャンプーの仕方】

 

 

①お湯でしっかりと流す

髪の毛の汚れ・頭皮の汚れはお湯でほとんど流せます。丁寧に洗い流しましょう。

この時、お湯の温度はあまり熱くし過ぎないように気をつけてください。少しぬるいかもと思える37~38度くらいが良いでしょう。

頭皮がオイリーぎみだからといって熱いお湯にし過ぎると余計に頭皮は皮脂を出そうとするので注意してください。

 

 

②シャンプーをしっかりと泡立てる

 

500円玉ほどの大きさのシャンプーをとり、手や泡立てネットを使ってシャンプーを泡立てます。

頭にそのままつけるのはやめましょう!
シャンプーが頭皮に直接ついてしまうと、刺激が強すぎたり、泡立ちが悪くなってしまいます。

軽くでいいのでまずは手やネットで泡立てましょう。

 

③頭皮を泡で優しく洗う

 

 

シャンプーがしっかりと泡だったら、頭皮を軽くマッサージするように洗いましょう。

この時は頭皮に爪を立てないことを意識してください。
爪を立ててガシガシ洗う方が好きと言われる方もおられますが、頭皮にキズをつけてしまいます。

指の腹でも汚れは十分に落ちますので、優しく優しく洗いましょう。

 

 

④しっかりと洗い流す

 

 

頭皮にシャンプーが残らないようにしっかりと洗い流します。

『頭皮に優しいシャンプー』をお使いになっていても、
それはあくまでも刺激が少ないということです。

頭皮に残ってしまっていれば、頭皮に良いわけではなく、少なからず刺激になります。

 

 

⑤トリートメントは頭皮につかないようにする

 

コンディショナーやトリートメントをする場合は、頭皮につかないようにしましょう。

コンディショナーやトリートメントは髪の毛をコーティングするためのものです。

頭皮のためにはなるどころか、残留性が高く刺激が強いものも多いので、頭皮にダメージを与えてしまったり、痒みなのどの原因になる可能性もあります。

付いてしまった場合はしっかりと洗い流しましょう。

 

 

⑥しっかりと乾かす

 

タオルでゴシゴシするのは髪の毛にも頭皮にもよくありません。
濡れた皮膚や髪は通常よりもデリケートです。
優しくポンポンと押さえるようにふきましょう。

その後はドライヤーでしっかりと乾かします。

濡れた頭皮はダメージを受けやすく、雑菌が繁殖しやすくなっています。

自然乾燥せず、ドライヤーを使いましょう!
そのときドライヤーはあまり近づけ過ぎず、20cmほど離すほうがいいでしょう。

 

 

 

以上、頭皮に優しいシャンプーのやり方でした。

正しい方法を知ると頭皮トラブルを減らすことができます。

間違ったことをしていないか、ぜひ確認してみてくださいね★

 

 

ではでは。

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪