『クレイジーヘア』日本では黒染めを強要 欧米では変な髪型を強要!?

どーもー!

大阪生まれ大阪育ちいい子も悪い子もだいたい友達あっくんです♪

 

生まれつき茶髪にもかかわらず、校則のため髪を黒く染めるよう学校側から強要され、精神的苦痛を受けたとして、
大阪府の高校に通う女子生徒が損害賠償を求める訴えを起こしたことがニュースになり波紋を呼んでいますね。

「茶髪がいると評判下がる」女子高生“黒染め強要”で学校側の言い分

 

 

 

このように生まれつき茶髪の子どもに「校則だから」「風紀が乱れる」などと、黒く染めるよう強要する学校や、「地毛証明書」を提出させる学校があるのが日本です。

 

一方、アメリカやイギリスの幼稚園や小中学校では、学校の先生から、

「変な髪型をしてきてね!」

と呼びかけるイベントがあることをご存知ですか?

それが「Crazy Hair Day」と呼ばれるイベントです!

 

 

「Crazy Hair Day」とは

この「Crazy Hair Day」とは生徒の仲間意識や愛校心を高めるために様々な行事が開かれる「スピリットウィーク」の一環だそうで、

この日は子供たちから教師まで、なんでもありの髪形や髪の色をして登校するイベントです。

まさに人種や髪の色にとらわれず個性を活かしたイベントですね(*´∀`*)

 

さらに面白かったヘアスタイルをいくつかご紹介します。

 

ドーナッツ?!

 

 

 

かぼちゃとヒマワリ?!

 

ドリンク?!

 

みんなこんな可笑しなクレイジーヘアを楽しんでいます(≧∀≦)

 

これらの画像はtwitterやInstagramで
#crazyhairday と検索するとたくさん出てきますので検索してみてくださいね。

 

 

そして日本でも髪の色だけで判断せずに、それぞれの個性を尊重し、周りの違いを認めさせることを自然に身につけれるような教育や催しが増えてくるといいんじゃないかと思います♪

 

ではでは。

 

名古屋SUPRAMのトヲルさんのホットペッパーのスタイルがぶっ飛び過ぎていてヤバイ!!

2017.10.05

衝撃!髪の高さ52cmの男性が世界一にギネス認定される

2017.09.20

 

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪