最初のカラーで失敗しないために!美容室ヘアカラー完全マニュアル

どーもー!大阪守口・千林の美容室ART FOR ART’Sのあっくんです。

 

 

さて、夏休みに入り初めてのヘアカラーをしようとする学生さんなども多いのではないでしょうか?

 

あっくん
僕も初めてのヘアカラーは学校にバレないように出来る夏休みだった気がします(笑)

 

 

 

『人生初のヘアカラー!』

失敗したくないですよね?(笑)

市販のカラー剤を買ってきて自分でして。失敗したという話はよく聞きますw

 

かといって美容室でカラーするのも初めてなんて言ってオーダーしたらいいのかわからないし、緊張するっていう方も多いと思います。

 

ということで今回は、「初めてのカラー」をする時の注意点と、美容室でどんな風に行われるのかということを詳しく書いていきたいと思います!

 

『初めての美容室のヘアカラー完全マニュアル』

 

 

①カウンセリング

まずカウンセリングとして、美容師さんとどれくらいの明るさ、色にしたいかを話し合います。

やりたいカラーの色やイメージがあるのなら雑誌の切り抜きか、ケータイに画像などを入れておいて、美容師さんに見せてあげてください。

イメージを伝えるには写真や画像を見せることが、1番伝わりやすく、失敗しにくい方法だと思います。

 

でも、

「やりたい色やどんな色にしたら似合うかわからない・・・」

 

って方でも大丈夫です!

そのため美容師がいるのですから♪

美容室に置いてあるヘアカタログやカラーチャートと呼ばれる色の見本を見たり、あなたのキャラクターや雰囲気、肌の色などを見ながら一緒に相談してみましょう♪

 

「明るさ」を判断するのに美容室では基本的にカラーチャートというものを使います。これに明るさの基準となるレベルが載っています。

出典:https://monochrome.amebaownd.com/posts/336407

これは使用してるカラー剤のメーカーや美容室により多少違いがあるのですけど、数が小さいほど暗くなり、数字が大きくなるほど明るい色になります。

小さな毛束だけではどのくらいがいいのかわからない方のためにざっくりと目安の印象を書くと、

 

  • 「もしかしてちょっとだけ染めた?」感が出るのは6~7トーン
  • 「あ、カラーしたんだ!」感が出るのは8~9トーン
  • 「結構明るくしたね!」感が出るのは10トーン以上

 

です。

 

初めての場合は10トーン以上は注意した方がいいかもしれません。

今まで真っ黒だった人がいきなり明るくすると、服装やメイクなどに違和感が出やすくなり、髪の毛だけ浮いてしまう方もおられます。

 

いわゆる「大学(高校)デビュー」感や、「なんかヤンキーみたい」って言われてしまうやつですねww

髪色が浮いてる感じになってしまうと、せっかく染めたのにダサくなってしまう場合があるので注意しましょうw

もちろんいきなり明るくしてもスッと違和感なく馴染む方も沢山いてます♪ 

 

あと「絶対にこの色にしたい!!」と強く思いすぎるのも危険かもしれません。

カラーってその人の髪の毛によって発色の仕方が全然違います。

そして雑誌や画像のカラーは1回のカラーじゃ出せない場合があります。

こちらも参考にしてみてください。

それ本当の色?? ネットのヘアスタイル画像を使ったオーダーの 問題点とは!?

2017.07.18

 

ブリーチなどを使用したハイライトなどやダブルカラーをしないと絶対に出せない色や

何度かカラーを積み重ねていくことによってできるカラーがあります。

しかしこれは素人の方、ましてや初めてカラーする方にはわからないものなので安心してください。

もし一度で出ないよう色なら、「2回カラーしますよ」とか「ハイライト(メッシュ)」などが必要ですよとかきちんと美容師さんから教えてくれます。

そういったカラーをする場合は、時間、お金、ダメージなども問題にもなるので、

担当する美容師さんとしっかりと相談してください。

 

ちなみに使用するカラー剤なども種類がありますが、

ヘアカラー剤の種類について(医薬部外品・化粧品)

2017.07.28

これこそ美容師さんが最善のものをチョイスするので基本的にお客様は気にしなくてもよいです。

 

 

②カラー剤塗布

実際に染める色が決まれば、調合したカラー剤を髪の毛に塗布していきます。

長さや塗布方法などにもよりますが、塗布だけでだいたい10分~30分くらい、

一部塗って、少し時間置いてからまた残りを塗るということもあります。

 

 

③カラーの待ち時間

 

 

カラーが塗り終わったら、待ち時間(放置時間)が発生します。

塗った薬剤が、髪を明るくして、色を入れていくのに時間がかかるためです。

だいたい10~30分くらい待ち時間があるでしょう。

 

雑誌読むなり、スマホいじったり、美容師さんと喋ったり、寝たりと自由に過ごして下さい。

 

あと、もしかしたらカラー剤が頭皮に最初は少しピリピリするかもしれません。

だいたいはすぐにおさまると思いますが、

 

「これは・・・無理だ!!」

 

という時は我慢せずにすぐに美容師さんに言いましょう!!

 

カラー剤で荒れやすい体質や、アレルギーである可能性もあります。無理は絶対にしないでくださいね!

「ヘアカラーすると頭皮がかゆくなってしまいました。ジアミンアレルギーでしょうか?」

2017.06.29

ヘアカラーで起こる二種類のかぶれの違いとは?

2017.03.15

【ジアミンについて】ヘアカラーにおけるアレルギーの原因とは?

2017.03.04

 

 

④カラーのチェック

 

時間を置いた後カラーがいい感じに染まっているか美容師さんがチェックします。

ダメならもう少し時間をおくか、薬剤を足したりします。

 

 

⑤カラーを流します。

 

 

色が出たら、シャンプー台に移動してしっかりとシャンプーして洗い流します。

お家のカラーでは出来ないような薬剤除去などをしたりして、コンディションを整えて、トリートメントして乾かしたら終わりです。

最初濡れている時は暗くみえると思いますが、乾くと明るく見えてくるので安心してくださいね♪

 

 

 

まとめ

 

以上、基本的な美容室でのヘアカラー流れです。

長さや量、したいカラーにもよりますが、所要時間は1時間~2時間くらいです。

 

初めての美容室のカラーは心配になることも多いとは思いますが、

ぜひ緊張せずに、わからないことや不安なことは美容師さんに聞けば答えてくれますので、

納得のいくまでじっくりと相談しながら初めてのカラーを成功させてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

ではでは。

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪