自分で黒染めする前に知っておいて!【絶対に市販の黒染めで染めてはいけない4つの理由】

どーもー!

春休みや夏休み、長期の休みの間だけと、期間限定で明るい髪色を楽しむような学生さんなどは多いのではないでしょうか?

 

 

入学式や新学期、実習や就活などが始まるタイミングで、髪の毛を黒染めしなければならない時期があると思います。

 

そんな時、

「黒にするなら自分で市販の”黒染め(髪色戻し)”で染める」

 

 

という人もいるかと思いますが、

 

・・・

 

 

『ダメ、ゼッタイ』ですo(`ω´ )o
薬物禁止ポスターみたいなセリフですがw

 

 

どんなカラーの中でも実は、黒染めこそ美容院ですべきなのです!!

 

「えっ!?なんで??」

と思われる一般の方も多いと思いますので、順を追って説明していきますね。

 

 

【絶対に市販の黒染めで染めてはいけない4つの理由】

 

①市販の黒染め薬はパワーが強くダメージを受けやすい

②塗り分けができないので、ムラになりやすい

③必要以上に黒く不自然な感じになりやすい

④次に明るくしようとしても明るくならない

では一つずつ解説していきましょう!

 

 

①市販の黒染め薬はパワーが強くダメージを受けやすい

市販で売られている黒染めのカラー剤の多くは、

どんな髪質、どんな髪色、どんな人が自分で染めてもある一定の仕上がりになるように薬剤のパワーを強く設定しています。

その為、市販の黒染めで髪を染めると必要以上に髪に負担をかけ、ダメージを受けやすくなります。

美容院ではたとえ黒染めでもパワーと時間を調整できるので最小減のダメージでカラーをすることができます。

 

 

②塗り分けができないので、ムラになりやい

 

市販の黒染めカラー剤を使って染める場合、根元から毛先まで”ひとつのお薬”で何も考えずに一度に塗ってしまうことなります。

市販のカラー剤を使う人は、美容師ではないので塗り分けなどできませんし、薬の調整などは出来ませんで当たり前なのですが、

美容師が黒染めをする場合、根元から毛先まで一度に同じ薬剤で塗ることはほぼありません。

その時は、時間差をつけて塗布するか、薬剤を変えて塗り分けます。

 

その理由は、髪の根元、中間、毛先で髪の状態が違うからです。健康な髪とダメージを受けている髪では、薬剤の吸い方、反応の仕方が大きく異なります。

地毛が伸びて根元は黒い毛が生えてきているところに黒染めを塗る必要もありません。地毛の黒髪に黒染めを塗ってしまうと、次にカラーするときにその、境目がわからずとても複雑なカラーになってしまいます。

他にも毛先にパーマが残っていたり、ブリーチ、縮毛矯正、などなど美容院ではさまざまな髪の遍歴を考慮しヘアカラーをします。

 

そうすることでダメージを抑え、次にヘアカラーをする時の弊害にならないように配慮します。

 

 

③必要以上に黒く不自然な感じになりやすい

 

ドラッグストアなどでは様々な黒染めカラー剤が置いてあると思いますが、

①の理由にもあるように、どんな髪質、どんな髪色、どんな人が自分で染めてもある一定の仕上がりになるように、
薬剤のパワーを強く設定していることに加え、配合されている染料もかなり濃く入れてあります。

そのために、例えばブリーチ毛くらいの金髪の人はちょうどよい黒染めであっても、少し明るいくらいのブラウンの髪色の人が使ってしまうと染料が濃すぎるために、

不自然過ぎる黒髪になってしまうこともあるのです。(逆にブリーチ毛の方が使うと、色素の関係で緑っぽくなってしまう失敗もあります)

 

人それぞれ髪質、髪の状態は違います。

どんな髪質、髪の状態でもオールマイティーに染めれる魔法の薬のようなものは存在しません。

それぞれにあった髪質、髪の状態を見極めて、それに適した薬剤を調合し、的確に塗布する必要があるのです。

 

 

④次に明るくしようとしても明るくならない

 

③からの流れですが、もし染料の濃い黒染めをしてしまうと、もうそこは「ブリーチ」しないと明るくなりません。

「ブリーチ!?」と思うかもですが、それくらいしないと真っ黒に染まった染料を取ることができないのです。

『ヘアブリーチ』髪を脱色するブリーチっていったいどんなもの?

2017.03.22

 

さらに、ブリーチしたとしても、そこだけ明るくなり辛いので、ムラになります。
(ブリーチしなくても色素だけを落とす脱色剤もありますが、それだけでは赤みが残る場合があります)

1年前くらい前ににしたから、もう大丈夫~と思っていたら大きな間違いです!

2年前にしても、5年前にしたとしても、そこの部分がカットで切り落とされてない限り残り続けると思った方がいいでしょう。

 

 

まとめ

 

美容院で黒染めした方が髪の状態、髪質を考慮して薬剤を選ぶので最小限のダメージで髪に負担も少なく、

また不自然な色の黒になりにくく、次回ヘアカラーをする際もムラになりにくいです。

 

市販の黒染め薬でセルフカラーをした方が、その時の時間とお金はかかりませんが、

もし髪が傷み、そのダメージを無くしていこうとしたり、ムラになってしまった髪の色を修正しようとすると、

その時の何倍もの時間とお金を必要とするかもしれません!

 

以上のことを知って、黒染めをする際は市販の黒染めカラーで染めるか美容院で染めるのか、よく考えてみてくださいね!

 

 

ではでは。

 

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪