沖縄から「ハセガワカラー」をご希望のお客様がご来店!?

どーも!

髪と頭皮のことを真剣に考える美容師あっくんです♪

 

今回のお客様は、お電話からお問い合わせをいただいたWさんです。

 

ブログを見てご連絡をしてきてくださるということでお電話を変わると、

 

Wさん
ネット検索で『ハセガワカラー』をされているというのを見てお電話させていただきました

 

 

あっくん
は、ハセガワカラーですか!?

 

あっくん
はい、大丈夫です。取り扱っておりますが・・・

でもどこでハセガワカラーをお知りになったんですか?

 

 

Wさん
前に通っていた美容室でジアミンアレルギーになったときに教えていただいて、それで染めてもらっていました

 

Wさん
最近大阪に引っ越してきたので、

前の美容師さんから「ハセガワカラー」で検索したら使っている美容室出てくると思うので、そこで染めてもらったらいいと教えていただきました

 

 

あっくん
なるほどー!そういうことなんですねw

 

あっくん
了解しましたー!取り扱っていますのでご来店お待ちしております

 

 

といった感じのやりとりをさせていただきました。

 

 

ところで、ハセガワカラーって?

 

さっきから出てくる「ハセガワカラー」って何だと思う人も多いと思います(笑)

おそらくほとんどの一般の方、そして美容師さんでもハセガワカラーなんて聞いたこともないでしょうw

 

そもそもハセガワカラーはカラー剤の名前では無いですからね(≧∇≦)

 

ハセガワカラーとは、長野県で最もマニアックな美容師(?!)とも言われている

長谷川圭史さんが考案したカラー剤の使用方法となります。

 

こんな方(笑)

 

このハセガワカラーを少し具体的に言うと、

 

通常のアルカリカラー剤塩基性HCカラー剤をミックスして使用する【ハイブリッド型】の方法になります。

 

なぜこの様な2種類のカラー剤をミックスして使用するかと言えば、

 

 

「アルカリカラー剤」にはジアミン染料が多く含まれていて、しっかりと茶色や黒には染まってくれて色持ちはいいのですが、
アルカリ剤による髪の毛のダメージとジアミン染料によるアレルギーの心配があります。

 

「塩基性HCカラー剤」は鮮やかな色が得意ですが色持ちがあまり良くありません。しかしアルカリ剤が少なくジアミンが含まれていませんので髪や頭皮へのダメージが少なくジアミンアレルギーの心配もありません。

 

この2つを混ぜ合わせることで髪へのダメージや頭皮の刺激を抑えつつ鮮やかな色を表現したり、ジアミン染料を減らし今後のジアミンアレルギーになる確率を下げることができるのです♪

[完全保存版]ノンジアミンカラーの種類と特徴を徹底解説!

2017.05.10
ジアミンの量は減らすことは出来ますが、すでにジアミンアレルギーになっている方は少量でもアレルギー反応を起こす可能性があるので使用出来ません!

 

 

今回のお客様は僕の旧ブログの時に長谷川さんの講習に行った記事を読んでご連絡してくださったようですね。

(僕はブログ内で”ハセガワカラー”という呼び方をしたことは一度もなかったと思うのでw)

 

長谷川さんのHC塩基性カラー講習【上級編】に行ってきたよ!

 

 

 

それではご来店してくださったのでカウンセリングからしていきましょう!

 

 

まずはBefore

 

本来1カ月に一度きちんとカラーされていたようですが、引っ越しなどのバタバタと美容院探して3ヶ月ほど空いてしまっています。

なので根元の白い毛と色落ちしてきて色褪せたところが出てきている状態です。

 

特にこめかみの辺りに白髪が固まっています。

娘さんにも早く染めてきてって言われたそうです(笑)

 

 

ところで、

「前はどちらにお住まいだったんですか?」

 

 

 

Wさん沖縄です。」

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

おきなわー!Σ(゚д゚lll)

 

今までにゼロでは無いですが、やっぱり珍しいので驚いてしまいました(笑)

 

そんな沖縄美容室でジアミンアレルギーになってからは「ヘナ」でずっと染められていたようですが、やはりオレンジ味が強いので困っていた時にこのハセガワカラーをオススメされ使用されていたそうです。

 

 

ただしここで1つ僕の中で疑問が、

 

こちらのお客様はジアミンアレルギーとのことですが、前述した通りハセガワカラーの方法ではジアミンが含まれています。

そのまま「ハセガワカラー式」で使用してしまうとアレルギー反応が出てしまうと考えられますので、
これまでハセガワカラーで大丈夫だったということは、ミックスしたやり方では無く、髪の色も明るくなっていませんので、

 

「塩基性HCカラー」のみで染められていたのでは無いかと予想しました。

 

 

僕はハセガワカラーというのはミックスしたやり方と捉えていましたが、講習内でも塩基性HCカラーのみで染める様々な法則も教えて方法も教えていただいていますので、その全ての法則を含めて「ハセガワカラー」なんですね。

まぁこの辺の定義は一般の方には全く関係のないことなのでお気にせずにw

 

使用するカラー剤が決まれば、色を調合し、

 

施術スタート

 

白髪の固まっていた部分には染まりをよくするブースト剤を付けていきます。

 

その後髪色にあった塩基性HCカラーを、

 

 

ペタペタ

 

 

 

ペタペタ

 

 

加温して、クーリングしたら〜

 

 

はい!完成です♪

おっ、

おお、

おぉー!自然な色合いで全体的にキレイに染まりました!(≧∇≦)

 

気になる内側の白いところも、

バッチリ綺麗に染まりました♪

 

Wさん「ありがとうございます。これで娘に怒られません(笑)」

 

あっくん
よかったですー!これからは毎月ご来店出来るので大丈夫ですねw

 

さらに、ヘアスタイルのこともお聞きすると、くせ毛なので短くしたいと言うと美容師さんにいつも止められていたのこと。

今回も少しだけ毛先をカットさせていただきましたが、短くしても扱えないようなくせ毛ではないと思いましたので、次回は思い切ってボブくらいまで切ってイメチェンもしてみてもいいかもしれませんね(≧∀≦)

ぜひ来月もお待ちしております♪

 

 

ではでは。

 

 

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪