『永久保存版!!』アクセスを20倍アップさせたブログタイトルの付け方

 

どーも!大阪千林の美容師ブロガーあっくんです。

 

先日の「3ヶ月で1万PV達成した方法」の記事がかなりの反響がありましたので、その記事の最後の方に書いていた、

僕がアクセスアップに成功したブログの「タイトルの付け方」について今回は書いていきたいと思います。

 

前回の記事を読んでいない方はまずはこちらから先にお読みください。

『3ヶ月で1万PV達成』知名度もコネもない下町美容師がアクセスを15倍にした方法とは?

2017.06.07

 

 

ブログにおけるタイトルの重要性

 

まずタイトルがどれだけ重要になるのかの例を実際の僕のブログで解説していきたいと思います。

 

僕と昔からFacebookなどで繋がっている方や以前からブログを読んでおられる方はお気づきになってたりするのですが、

このブログは以前にfc2での旧ブログに書いた記事をリライト(rewrite書き直し)して新しく書き直しているものがいくつかあります。

 

今は完全にこの「あっくんヘアケアブログ」を主に書いているのですが、旧ブログにも自分なりにいい記事だと思うものだったり、

「今ならもうちょっとうまく書けるのにな」と思う記事をわかりやすく書き直したり、補足説明を追加したりと読みやすいように工夫しながらリライトしているわけです。
(ネタに困った時にも便利w)

 

その中で、中の記事の内容はほとんど変えていないのに「タイトル」を大きく変えただけで、

以前に投稿したときはほとんど読んでもらえなかった記事が、いきなりヒット記事になったりすることがあります。

 

 

例えばこの記事、

 

『ホワイトカラー』髪色を白にしたいなら日本の伝統技術を利用すればいい

2017.05.20

 

Facebookに投稿をしてみたところ、

 

友達を中心に知らない方からも好評をいただき、「いいね!」が100個以上、シェアもしていただいてこの記事だけで1,000pvを超える(僕の中では)ヒット記事になったのですが、

 

これは実は1年前くらいの旧ブログに書いた記事をリライトしたものでした。

その時、書いた記事のおおまかな内容はそのままでタイトルを変え、よりわかりやすく書き直したのです。

 

ちなみに1年前のタイトルはコレ、

 

【色の雑学】「虹は何色?」日本人の色彩感覚のヒミツ

 

 

ヒドイですね(笑)

いろいろと詰め込んで工夫しようとしているのは伝わりますがw 何が主に書いている記事なのかさっぱりわかりません。

これでは読みたいと思う人がいなかったいうのも納得ですw

 

ちなみにこの時のいいね!の数は、

 

9個!(泣)

 

でもこれをうまくタイトルを変えてリライトするだけで、

 

9個→103個と、なんと!約10倍に増えたのです!

 

アクセス数で言うと前がどの程度かハッキリしてませんが、そりゃ〜100PVもなかったでしょうから、少なくとも20〜30倍くらいには増えたんじゃないかと思います。

 

この様に、今までに書いていた記事でもタイトルを変えるだけで大勢の人から読まれる人気ブログに早変わりする可能性もあるのです!

そんな記事が僕はいくつかありましたw

 

そしてあなたの過去のブログにもあるかもしれません!?

結構いいこと書いているはずのに全然読んでもらえないな〜と感じているなら「タイトル」の付け方にひと工夫して、タイトルだけ描き直したり、リライトしてみてもいいかもしれません。

 

「前に書いた同じ記事をまたアップさせるのはどうなの?」と感じていても大丈夫です!

 


そもそもあんまり読まれてないのですから!(爆)

本当にあなたがよい内容と感じているなら、ヒットするまでリライトしまくればいいのです。どんどん書き直しせばタイトルも記事の中身も洗練されていくでしょう。

 

 

もし新しいブログに引越したりでリライトをするなら、古いブログのその記事は削除するか、タイトルや本文を変更して新しい記事に移動したことを案内しておきましょう。

全く同じ様なタイトルや本文の記事が2つ以上存在するとコピペ記事としてGoogle様に判断され評価を落としてしまいます。

もちろん元の記事を編集し直し更新するだけならなんの問題ありません。

 

これでブログタイトルの重要性が少しはわかってもらえたかと思いますので、これから具体的にブログのタイトルの考え方を書いていきたいと思います。

 

 

【保存版】アクセスを20倍にアップさせるブログのタイトルの付け方

 

まずブログのタイトルを考えるときに、たくさんの人に読んでもらいたい記事にしたいと思ったら大きく3つの方法があります。

 

【読みたくなる3つのタイトルの考え方】

 

 

①『インパクトのある言葉で興味を惹くタイトル』

 

例えば、

「ほとんどの人が勘違いしてる本当の◯◯の話」

「ドン引きした私の彼氏の4つの行動」

みたいな、たまたまタイトルを見た人がクリックしてみたくなるような興味を惹かせるタイトルの付け方です。

 

 

②『検索にヒットしたいワードを詰め込むタイトル』

 

これは、

「”大阪”で◯◯を”安く”買える店をご紹介!」

「◯◯の”痛み”を一瞬で無くすやり方」

これはそのままでも気になるタイトルですが、のちに、「大阪・◯◯・安く」や「◯◯・痛い」などのワードで検索をかける人がいた時に、検索にヒットしやすくなることを想定してタイトルをつける方法です。

 

 

③『ファンに向けたタイトル』

これは、

「最近、私が気になっていること・・・」

「家族で◯◯に行ってきました♪」

などといった、自分のことを知っているファン、お客様、家族・友人、ブログ読者などに向けた話です。自分の出来事を中心に身内ネタとなります。

 

 

  1. はSNSをなどを利用したメディアで拡散させるのに有効的です。
  2. はGoogleなどの検索サイトで検索からの流入を増やすために有効的です。
  3. はファンや身内には喜ばれ、コメントなどになりより親交を深めれます。

 

【追記】

読みたくなるタイトルのつけ方としては、大まかにこの3つかなと思っていたのですが、
もうひとつ、大きくアクセスアップを狙えるタイトルのつけ方があることに気付きました。

それは、、、

 

『炎上』を狙ったタイトルですw

 

①の考え方に少し近い部分はありますが、あえてモラルに反することや、業界批判や裏事情の暴露、悪口など、をタイトルにつけてわざとをつくることで注目を浴びアクセスアップを狙う方法です。(炎上商法)

故意に狙う人と、たまたまなってしまう人がおられますが、効果は抜群!

ただし、クレームや罵倒、罵詈雑言、誹謗中傷に耐えうる、

 

鋼のようなハートの強さが必要(笑)

(もしくは世間の風潮に対して本気で反論できるほどの強い想いやポリシーを持っているか)

ただし、僕は使ったことはありませんのでこれに関してはアドバイスできませんw

 

 

ブログ初心者は、あまり深く考えずに③の「ファンに向けたタイトル」をつけがちですが、

これはすでに有名人や芸能人、もしくは負けないくらいのキャラクターがあるか、ブログの記事がめちゃくちゃ面白い方でもない限り、拡散、検索の対象になることは難しいです。

 

芸能人はテレビなどの他のメディアで存在を知ってもらいファンとの親交を深めるためにブログに誘導します。

つまり、

他メディアで知ってもらう→ブログ(収益)

の流れで成立するのでオッケーなのですが、

 

普通の人はどうですか?『どういう目的』でブログ書いてますか?

 

ブログで知ってもらう→ファン(お客様)になってもらう(収益)

どちらかというとこちらを目的にブログを書いているのではないですか??

 

もちろん元々のお客様や身内だけに向けて書いてる方もおられるでしょう。
もしくは芸能人と同じように他で知ってもらうメディア(お店)がありそこからファンがたくさん読みにきてもらえてる方は、そのままでいいのです。

 

でも、ほとんどの方がブログをしている目的は、

  • もっとたくさんの人に読んでもらいたい
  • 自分のことを知ってもらいたい
  • アクセス増やしてビジネスをしたい

 

などと思ってブログをされているでしょう。
ならば、だけでなく、を意識したタイトルを付けていく必要があるのではないでしょうか?

ソーシャルメディアで発信していてても「いいね!」が増えなかったり、いつも同じ人からしか「いいね!」がつかないのであれば、

ブログのタイトルと中身が③ばかりで、身内受けはしてても世の中の役に立つような発信が出来ていないと考えられます。

知らない人からの「いいね!」や「シェア」をもらえるような有益な情報を発信する必要があります。

 

そのために「あなたの欲しがっている有益な情報はここにありますよー!」と教えてあげるために、

「読みたくなるタイトル」をつけてあげる必要があるのです。

 

常に①と②だけを意識したタイトルや記事を書く必要はありません。たまには息抜きや、あなたの人間性を伝えるための③も適度には必要です。ただいつも③だけではアクセスアップは難しいと思います。

 

 

なので僕は、三カ月で1万PVを達成させるためにブログのタイトルを①か②、

いや、

できれば①拡散と②検索を両方兼ね備えたタイトルになるように工夫してみました。

 

「じゃあ、実際にどういう風に書けば、拡散や検索からのアクセスが増えるの?」と思いますよね?

 

そこで、あっくんが実際に実践した、

多くの人に読んでもらえシェアされたり、検索にヒットするようになる『ブログ記事タイトルの付け方の6つのポイント』を実例と共にご紹介していきたいと思います。

 

 

【これだけ!読んでもらえるタイトルにするための6つのポイント】

 

 

 

①28〜32文字くらいにする

これは、主要な検索エンジン(Google等)の検索結果ページにおける、タイトル名の表示可能文字数によるものです。
つまりそれを超えるとタイトルが途中で切られたり、勝手に短縮されてしまったりするためです。

検索を意識したタイトルを付ける場合はこの28〜32文字以内に、あなたのヒットしてほしいワードをできる限り入れ込みましょう。

ただし、文字数の制限にこだわりすぎたり、SEOを意識してとりあえずワードを入れ込み過ぎて、わかりづらいタイトルになってしまうと本末転倒なので、

(失敗例)

【色の雑学】「虹は何色?」日本人の色彩感覚のヒミツ

 

ただ単にワードを入れ込んでタイトルを長めにするよりは「わかりやすい」「読んでみたい」と思えるように考えてみましょう。

あと文字数が曖昧なのはサイトのブラウザによって28〜32〜35文字など違ったりする(らしい)ためです。

その辺の詳しいことは僕はわからないので、とりあえず安心できそうな28〜32文字以内を意識しながらタイトルを考えています。

 

 

 

②検索にヒットしてほしいワードは前半につける

 

これはタイトルの前半のワードの方が検索に強くなると言われています。

「大阪で醤油ラーメンを食べるならこのお店!」

とつけると、「大阪 醤油ラーメン」と検索した人がいた時に有利になります。(もちろんこれだけは無いですが)

「検索」を意識したタイトルをつける時は、できればメインのワードを前半に書くと覚ええておきましょう。(長々と書いた後、最後にメインワードがきて28文字超えてたら最悪ですよw)

『ノンジアミンカラーで白髪染め』アレルギーがあるとカラーを断られる?!

2017.04.07

BOTANIST(ボタニスト)で髪がベタベタ!?知っていてほしいシャンプー剤の選び方とは?

2017.03.25

 

 

③前半、後半の2部構成で

 

これは②の検索を目的にすることより、SNSでの拡散やタイトルを見た人にインパクトを与えるための方法です。

タイトルを前半と後半の2部構成で考えてみます。

前半には、「自分の感情や、相手に訴えかける言葉」を書きます。

後半には、「本当の目的やターゲットについて」を書きます。

 

つまり、

「これだけは食っとけ!大阪に来たら食べるべき醤油ラーメン!」

みたいに書くことで、

前半をエサにして、後半が針の役割、

前後の組み合わせで読者(魚)を釣り上げる方法です。

 

アクセス数を短期間にアップさせるには、SNSの力が必要です。
限られた文字数で読みたくなるようなタイトルを考えてみましょう。

 

売上げじゃない!市販のカラーを美容師が嫌がる本当の理由!

2017.05.27

あなたはどのタイプ?くせ毛の種類と生えてくる原因とは?

2017.05.14

 

 

④タイトルには数字を入れる

 

ブログに限らず広告や書籍の業界では、タイトルに数字を入れて反応率が上げるというのは定番の方法です。

なぜ、数字が入っていると反応率が上がるのか?それは、数字を出すことによって説得力が生まれるからと言われています。

例えば、

「死ぬまでに一度は食べたい至高のラーメン屋ベスト3!」

「180分並んで食べたラーメン屋で感じた3つのこと」

「100円のラーメンを1000円で売る方法」

のようにタイトルに数字があると、無いタイトルに比べ興味を惹かれやすくなります。

なのでブログ記事のタイトルを決めるときは、出来る限り具体的な数字を入れて、その記事を読むことによって得られるメリットに説得力を持たせましょう。

やりがちな間違った3つの「シャンプーの洗い方」とは

2017.02.28

今日からできるカラーの色落ちを防ぐ7つの方法

2017.02.21

 

 

⑤少し大袈裟きみの表現で

 

他の方の人気ブログタイトルなども意識すると『要注意?!』『保存版!』『日本一』など、短いながらもインパクトの強い言葉を使っているものが多いと分かります。

さらに、

『とにかく~すぎる』などのオーバーな表現や

『まだ知らないの!?』などの話言葉を使ってみてもいいでしょう。

その時の時代性も含めたインパクトのあるワードを入れるように考えてみましょう。

”嘘はダメ”ですが多少オーバーであったり盛ったり、煽りぎみくらいの言葉をタイトルにしておかないとなかなかインパクトを与えることはできません。

危険!間違ったシャンプーの姿勢を続けることでおこる老化の原因とは!?

2017.05.11

《保存版》元気な髪の毛がぐんぐんと成長する方法

2017.03.18

 

 

⑥役に立つ・簡単そうと伝える

 

ネットの世界において、たくさんの情報が溢れる現代では、タイトルを見ただけでそこに読む価値があるかどうかが判断されます。

その記事を読むことで、「明日からの生活の役に立つこと」だったり「今かかえている悩みの解決策」や、「今より簡単に楽に出来る方法」

などを手に入れることができるかどうかということが重要となってきます。

そして、「この情報は私にとって役に立つ」と思った時に、人はクリックして中身を読もうとしてくれるのです。

そのためには、『〜の方法』『〜のテクニック』『〜の秘訣』という言葉を使ったり、

『プロが教える』などの専門性の高い情報があるとアピールしてみてもいいでしょう。

一般的な方法よりも、「出来るだけ短く、少しでも簡単で、より安く」なるというワードを入れ込み、「簡単で役に立つ情報を提供している」と思ってもらえるタイトルにしましょう。

 

《BBQ》火起こしが誰でも絶対成功する世界一簡単な方法!

2017.05.02

当日でOK!りんくうアウトレットの割引券を手に入れる方法

2017.03.11

 

 

 

 

最後に

 

今回はタイトルの付け方について僕が学び実践して感じてみたことをまとめてみました。

ブログタイトルの目的は、あくまでも中身を読んでもらうことにあり、全てを伝えることではありませんし、関係ないことを書くところでもありません。

中身の記事を読んでもらうためにも、限られた文字数の中で、全てを一度に詰め込もうとするのではなく、

”あなたが最も伝えたいこと”

を少しだけオーバーに、でも簡潔にまとめることを意識してみましょう。

そうすればあなたの記事は世の中の役に立つと判断され、いいねが増えたりシェアされたり、上位検索されることになるでしょう。

 

しかし、上にも書きましたが、常にどんな記事でもこの方法を使う必要はありません!

息抜きがてらのゆるいブログや、なんでもない日常を伝えることも、「あなた」という唯一無二の存在を伝える価値となります。

 

 

とはいえ、まずは読んでもらうのにブログのタイトルが超重要なことであることは間違いないです。

めっちゃいい記事かけた!これは日本中、いや世界中に広めたい!と思った時だけ意識して使ってもらっても構いませんので、アクセスアップに伸び悩んでいる方はぜひこれからのタイトル作りの参考にしてみてください。

 

 

以上、まだまだ大したことのないブロガーですが、長々と書かせていただきました。

 

他にも意識していることやテクニックは山ほどありそうなのでこの記事も好評だった場合のみ続編を書いていきたいと思います(たぶんw)

 

あっくんブログについて語り合いたい方はこちらから、

 

 

ではでは。

 

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪