春の肌荒れ、もしかしてそれ【花粉症皮膚炎】かも!?

春になり、新生活のスタートやお花見、ピクニックなど、良い気候になりお出かけしたり人に会う機会が増えてくるこの季節、

 

でも春になるとなぜか”肌荒れ”が気になる方いらっしゃいませんか?

「気温の変化?」「紫外線量の増加?」「入学・卒業シーズンで忙しいから?」

冬にため込んだ角質の汚れや、代謝が上がることによる肌サイクルの変化の影響もあるかもしれません。

が、

 

実はそれは肌が“花粉症”になっているかもしれません!

 

『肌も花粉症になる!?』

 

春の肌はまだ空気が乾燥しているうえに、紫外線も強くなってくるために敏感になっています。

そこに花粉が肌に触れると、

『花粉症皮膚炎』と呼ばれる“肌の花粉症”になることがあります。

 

「ワタシは花粉症じゃないから関係ないわ」

という方でも、油断はできません!

一般的な花粉症の症状はない方でも、花粉症皮膚炎は起こりうるのです。

 

花粉が肌に付くと、ハウスダストと同じように肌にゴミが付いているような状態です。

あなたも実は知らないうちに花粉でダメージを受けているかもしれません。

それではまずは、

【花粉症皮膚炎】の可能性があるのかチェックしてみましょう♪

 

【花粉症皮膚炎チェック表】

◻︎ 春先になると肌荒れ、乾燥する
◻︎ アレルギー体質
◻︎ 冷え性
◻︎ 目の周り・鼻の周りが赤い
◻︎ ニキビのようなブツブツができる
◻︎ マスクや髪の毛、タオルが触れるとヒリヒリする

 

どうでしたか?

上の項目に1つでも当てはまれば、花粉症皮膚炎の可能性があります。

花粉症皮膚炎は肌のバリア機能の低下、炎症が起こっている状態です。

目や鼻の周りなどの肌の色が他の場所と違ったりニキビのような赤い細かいブツブツが出ているなどの症状がみられる方は花粉皮膚炎の可能性が高いです。

 

 

【花粉症皮膚炎の原因とは?】

 

肌が花粉症になる原因は、『バリア機能』の低下です。

『バリア機能』とは、外敵の侵入を防いでいる皮膚の機能のこと、皮脂と水分とのバランスが良い状態が正常とされます。

バリア機能が正常に働いていれば、花粉の異種タンパク質が侵入できないため、花粉症皮膚炎にはならないのです。

冬から春にかけての乾燥に加え、強い紫外線を無防備に浴びている皮膚は、バリア機能が正常に働いていません。
そのため、花粉症皮膚炎になる確率が高くなってしまいます。

 

さらに通常の花粉症の症状がある方は、目や鼻がかゆくてついついこすってしまったり、鼻を始終かんでいるのでお肌への摩擦が大きく、肌が弱くなってしまいます。

こういった様々な要素によって、お肌のバリア機能が低下すると、お肌が水分を保持することができなくなり、乾燥肌の状態となるわけです。

 

 

・バリア機能を正常にするには?

 

基礎化粧品を正しい方法で使い朝晩きちんとお手入れをしましょう。

もちろん、食事などで体の中から強くする方法もありますが、時間がかかります。
基礎化粧品でしっかり保水と保湿を行い、日焼け止めや日傘などのグッズを使用して紫外線から肌を守ることが大切です。

 

それではより具体的な対策方法を書いていこうと思います。

 

 

『花粉症皮膚炎』の対策方法

 

・ナチュラルメイクにする

しっかり油分が入ったファンデーションはお肌に花粉を付けやすくしてしまいます。
ベトベト感が気になるようでしたらオイルフリーのものや敏感肌用のBBクリームなどを選んでもらうと油分も少ないので花粉もつきにくいと思います。

敏感になっているなと感じれば、肌メイクはあまりやりすぎず、薄めにするほうがいいでしょう。

ただ、「薄めが良いんでしょ?」といってスッピンで外出するのはNG!

 

なにも塗っていないと逆に肌に直接、花粉や空気中のゴミがついてしまうので、それも肌荒れの原因になってしまうのです。

また、花粉症皮膚炎を起こしている肌は敏感になっているため、多種類の化粧品を併用することも避けるべきです。

皮膚というのは、複雑な化学構造になっているものほどかぶれやすいという特徴があるため、できるならば成分構成が単純なワセリン(薬局で手に入ります)のみを薄く塗る程度がよいでしょう。

ナチュラルな薄めのメイクを心がけてみましょう♪

 

 

・洗顔料も肌に優しいものを

 

角質ケアやお肌のくすみをリセットしてくれるスクラブ入りなどはこの時期は控えてください。

肌がとても敏感になっているので、肌を守ってくれている機能を失うことになってしまいます。

洗顔料も肌に優しいものを選ぶと、より肌の「バリア機能」をキープしやすくなります♪

洗顔石鹸にピーリング成分が入っていることもありますから確認しておくといいでしょう。

負担をかけにくい肌に優しい洗顔料を選びましょう。

 

 

・マスク選びにこだわる

 

花粉症の人は花粉症対策として、そして風邪予防にマスクをしたりしますよね?

毎日の様に使い捨てるマスクですが、
実際私達の肌に直接触れるものであります。

ゴワゴワしたものではなく肌触りのよいタイプのものを使用する方が良いでしょう。

頬の肌荒れが気になる人は、マスク部分ではなく耳かけが原因かもしれません。

太めの耳かけタイプ、もしくは耳かけ無しのマスクを選びましょう。

コチラもご参考に
↓↓↓↓↓↓↓↓

【花粉症対策】こんなダメなマスクのつけ方してませんか?(実演)

2017.03.08
 

 

・ティッシュは柔らかいものを

 

花粉症の人は鼻をかむ機会が増えますよね。
ただ鼻をかむだけだからって適当なティッシュをつかうのはよくありません!

高級ティッシュ(鼻セレブ)などの商品を使うと荒れにくいです。

普通のティッシュに比べるとお値段あがりますがそんな高くて買えないというほどのものではないのでこの時期だけでも使ってあげるといいですね♪

持ち歩くティシュも柔らかいものを選びましょう。

 

 

その他のポイントととしては、

大き目のハケを化粧ポーチに入れておき室内に入ったら顔をはたいたり、帰宅後すぐに洗顔やお風呂に入ることで洗い流したりすることで、花粉が肌に滞在する時間をできるだけ短くするなども効果的です。

 

 

それでも無理なら…

 

 

やっぱり病院に行きましょう!( ̄▽ ̄)

花粉症・花粉症皮膚炎は立派な病気です。

日常生活や仕事に支障を来たすようになる前に、早目に皮膚科を受診して下さい。

医師より処方していただいた塗り薬や飲み薬の服用を続けながら、花粉の飛散が治まるのを待ちましょう!

 

以上、『花粉症皮膚炎』の対策と対処方法でしたが、

 

もしかして「花粉症皮膚炎かも……」と思われた方は、ぜひ試してみてくださいね!

 

ではでは。

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪