白髪を抜くのはやめて! 毛根にダメージや 抜毛症になる危険性も

 

どーもー!

髪と頭皮のことを真剣に考える美容師あっくんです。

 

ふと、鏡を見たときに、

お客様
白く光る髪の毛が!?

なんて、白髪を見つけてしまうと気分が落ち込んでしまうという方は多いと思われます。

 

そしてついつい、1本や2本だけなら…と思って、見つけた白髪を抜いてしまうという方も多いのではないでしょうか。

しかし白髪を抜くということは頭皮や毛根にダメージを与えてしまったり抜く事がクセになってしまうというリスクがあります。

今回は白髪を抜いてはいけない理由について書いていきたいと思います。

 

 

白髪を抜いてはいけない理由とは

 

白髪は生えてくると目立つためについつい抜いてしまう人も多いと思います。

そこでよくお客様から聞かれる質問は

 

お客様
白髪って抜くと増えるんですか?

という疑問です。

これに関しては、数回、数本、白髪を抜いたからといっていきなり白髪が増えて広がるということはありません。

しかし、長年にわたり続けてしまうと頭皮や毛根にダメージを与えてしまい白髪が増えたり薄毛の原因になってしまうことがありえるので注意が必要です。

 

白髪を抜くことでおこる頭皮や毛根へのダメージとは?

髪の毛1本1本には毛根が付いており、その毛根それぞれに毛母細胞色素細胞(メラノサイト)が存在しているために、抜いたからといって他の髪にその現象が移るということはありません。

髪色はどうやって決まる?髪の毛の色の正体とは?

2017.04.29

 

そのため白髪を抜いても白髪が増えることはありませんが、髪の毛はヘアサイクル上、最終的に自然と抜け落ちるようなサイクルになっていますので、白髪が生えてきたからといって自然に抜ける前に無理矢理抜いてしまうということは、
毛乳頭や毛母細胞を壊してしまう可能性があります。

すると、どうなるかというと、髪の毛自体が生えてこなくなってしまったり白髪になってしまうリスクがあるということです!

 

さらに髪を無理矢理抜くということは、頭皮が炎症を起こしてしまう可能性もあります。

炎症も酷くなると治療に時間がかかりますし、場合によっては炎症を起こしたところが脱毛する可能性もあり得るので、

白髪が生えてきたからといって抜きたくなる気持ちは分かりますが、抜くのは絶対にNGです!

 

さらにその”白髪を抜くという行為“が習慣になってやめたくてもやめれなくなってしまうケースというのもありますのでお伝えしたいと思います。

 

 

白髪を抜くことが癖になると抜毛症になる危険性も

「抜毛症(ばつもうしょう)」「抜毛癖(ばつもうへき)」という症状をご存知ですか?

白髪を抜くことが癖になり、これらの症状に悩まされることになってしまう方もおられますので、「抜毛症」についても知ってもらいたいと思います。

 

抜毛症』とは、髪の毛やまつげ、眉毛、ヒゲなど体毛を抜いてしまう疾患のことを言います。

ただの癖?髪の毛を抜いてしまう『抜毛症』の原因と対策とは?

2017.08.14

 

体毛を抜くのに無意識の人もいれば、意識的に止められず続けてしまうというパターンがありますが、反復性が強いため、癖や習慣化してしまうことがある症状です。

抜毛症の原因ははっきりと分かってはいませんし、個人によっても違うと言われていますが、1番の原因はストレスが関係しているのではないかとも言われています。
体毛を抜くことで不安やイライラを落ち着かせようとしていると考えられています。 

 

つまり最初はただ単に気になった”たった一本”の白髪を抜くという行為をきっかけに、それが白髪を見つけるたびに抜く、抜かないと気が済まないようになり、

抜いてしまう箇所が広がり、一部髪が生えていない円形脱毛症のような状態になってしまったり、最終的に黒い髪の毛までも抜いてしまうのが習慣に発展してしまう可能性があるのです。

 

 

 

白髪を抜くことをやめるための対処法

 

「抜毛症」という疾患は10代や20代くらいの過敏な時期に起こりやすいと言われている症状なのですが、白髪や他の精神的ストレスにより大人でもなってしまう可能性はあります。

白髪が気になってそれが理由で抜毛症になってしまっているというなら、

 

白髪を気にならなくする方法を考えてあげることが大切です。

  • マメな白髪染め
  • カラートリートメントでごまかす
  • 前髪を作ったりヘアスタイルを変える
  • ヘアアレンジをする
  • 根元の方からハサミで切る

など対処法はいくつかあると思います。

そしてストレスや不安を抱え込まずに適度に発散することや、趣味など何か夢中になれるものを見つけるというのもストレスから自身を守る方法の1つです。

 

 

まとめ

 

白髪はついつい気になってしまうと抜きたくなってしまうという気持ちは分かりますが、それをストレス発散にしてしまったり、快感として得ることは抜毛症に繋がる可能性を強めてしまうので、白髪を抜くというのは止めることをオススメします。

「抜毛症」の症状が長年にわたり続いてしまうと、上記の理由から頭皮が炎症を起こしやすくなり、毛母細胞と色素細胞(メラノサイト)らが壊れてしまうというリスクがありますので、

もし細胞が一度壊れてしまうと元に戻る可能性は少なく、その毛根からは白髪しか生えてこなくなってしまったり、細く弱々しい髪になったり、最終的に生えて来なくなってしまう危険性があるということを知っておいてください。

これらのリスクをしっかりと理解し、自分に合った“白髪を抜かなくする方法”を見つけてあげることが大切です。

 

ではでは。

 

 

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪