売上げじゃない!市販のカラーを美容師が嫌がる本当の理由!

どーも、ART FOR ART’S千林店のあっくんです★

 

今、ドラックストアなどにいけば、

クリームタイプ、泡タイプ、乳液タイプなど様々なタイプの「ヘアカラー剤」が売られていますね。

TVでもたくさんCMをしていますし、様々なネーミングをつけた色の名前や、ニオイが少ないなど、自分で使いやすい形状に変化してきているようですが、

その手軽さには思わぬ落とし穴があったりするのです。

市販の(ホーム)カラーとサロンカラーの違いとは

 

・市販のホームカラー

一般の方(素人)が使うことを前提に作られています。

その為、ムラに見えにくい(濁った)色味や、混ぜやすく塗りやすいなど、色より失敗が少ないように設定されています。

 

・サロンカラー

美容師(プロ)が使うのが前提に作られています。

その為、鮮やかな色味から濁った色味まで、幅広いリクエストにお答えできるような色調や、明るさ暗さ、髪のダメージにも合わせれるように様々なバリエーションが設定されています。

 

 

そんな「市販のヘアカラー」を使って一般の方が染めるとなると、

美容室で染めることと、大きく違ってしまうポイントが2つあります!

 

 

『市販のカラーでの染め方』

 

根元から毛先まで「一色のカラー」で染めてしまう。

つまり根元から伸びてきている黒い地毛と、以前に何度も染めて明るくなっている毛先の茶色の毛という、”全く状態の違う部分”を同じカラー剤で染めることになります。

 

2回目以降のカラーは、根元が伸びてきたところが気になってきたときに、染め直すことがほとんどだと思いますが、

根元の”黒い毛”と毛先の”茶色い毛”とでは色も傷みも全く違う状態になっているのです。

 

市販で売られているカラー剤は、クリーム、乳液、泡タイプなどいろいろありますが、どのタイプでも基本的に伸びがよく全体に馴染ませやすいような仕様になっていますが、

これは素人さんがムラなく全体に塗布しやすくするためなのです。

 

黒髪から初めてのカラーであれば、まぁ全体に馴染ませやすいことはいいことでしょう。

しかし、2回目以降でも根元から毛先まで同じカラー剤で塗ってしまうという事は、

黒い毛を明るくするほどのブリーチ力のあるカラー剤で、

明るくなってダメージがある毛を、また強い薬で染めるという事になり、さらなるダメージを生む原因となるのです。

 

その結果、

毛先に余計なダメージが加わることと、色が均一に揃いにくいです。

 

根元と毛先に同じ色で染めるということは、

 

極端に言うと、黒と白の画用紙に同じ絵の具で色を塗るようなものです。

ベース(画用紙)は違えば、見える色も変わります。

髪の毛の色や状態をある程度無視して染めることのできるペンキみたいに、ヘアカラー剤は強力には出来ていません。

なので根元と毛先の仕上がりの色が均一にはなりにくいのです。

 

 

『美容院での染め方』

複数の薬を使い分けることができる!

髪の状態に合わせて、根元と毛先の薬剤を使い分ける事で、根元と毛先の色を均一にすることができ、頭皮や髪へのダメージの軽減になります。

 

根元以外を染める必要がなければ伸びた根元だけにお薬を塗布することが出来ますし(リタッチ)

カラー剤がしみたりする方には根元ギリギリから浮かして塗ったりするなど(ゼロタッチ)

お客様の要望や状態に合わせて、

”薬剤”と”テクニック”を使い分けることが可能なのです。

つまり単純なカラー剤そのものの違いだけでなく、


・塗布する技術

・カラー剤の選定

が全く違うということになります。

なので、美容室でカラーすることによりムラなく均一に低ダメージでカラーを楽しむことができます。

 

つまり、一般の方が市販のカラー剤を使用してしまうと、根元も毛先も一つの薬で染めてしまうことでダメージが悪化し、色ムラも出来てしまいやすいのです。

 

 

しかも、その結果、

その後の美容室でのカラーパーマ縮毛矯正などの他の施術に影響します!

 

「えっ!カラーだけじゃなく、パーマや縮毛矯正にも!?」と思われるかもしれません。

 

そうなんです、

美容師がそもそも「市販のカラーをやめてください」言う1番の理由は、

 

「売上が欲しい!!」

 

 

ではなく!(爆)

 

 

 

「髪の状態を把握できないから」です。

 

市販のカラーをご自分でされていると、

  • どんな強さの薬で、
  • どれだけ時間をおいて、
  • どんな色を入れたのか 、
  • そして今の髪の中にどんな色素が残っているのか

 

などということが正直全然わかりません(T_T)

これは美容室での施術に大きな影響をあたえます
(これは色々なお店を転々とする”美容室ジプシー”と呼ばれるお客様にも言えることですが…)

 

髪の毛の中の残留色素によるカラー発色の阻害。

「希望の色はもっと明るくして欲しかったのに思ったより暗い。」

「毛先が暗くて根元だけ明るい。」

「アッシュにしたかったのに普通のブラウンっぽい。」

 

などなど結構思い当たる方はいると思います。

そして、髪のダメージによってはパーマや縮毛矯正をかけれません。

正確に言うと、キレイなカールやストレートをかけれません。

髪の毛はダメージが少ない部分はかかりにくく、ダメージがある部分はかかりやすく、

また一定のダメージを超えてくると、タンパク質の流出により、またかかりにくくなってきます。

 

頭全体の中で、髪の毛の根元から毛先までの中で明るい暗いなど、様々なダメージがムラが混在していると、

パーマ剤や縮毛矯正剤の選択、塗布する技術や工程の選択がとても難しくなってきます。

 

その結果、一部分だけかかりが悪かったり、毛先がジリジリになってしまったりしてしまったりと満足のいくヘアスタイルにならなかったり、さらなるダメージのムラが生まれる原因となってしまうのです!

 

 

まとめ

 

傷む原因やダメージのムラははもちろん市販のカラーだけではありませんが、市販のカラーをすることはほぼ確実にそういったことを助長してしまうことになります。

その時の手軽さで自分でホームカラーしてしまうことで、これからのヘアスタイルを自由に楽しめなくなる可能性もでてきます。

もし髪が傷み、そのダメージを無くしていこうとしたり、ムラになってしまった髪の色を修正しようとすると、

その何倍もの時間とお金を必要とするかもしれません!

その時の手軽さだけに流されないように気をつけてくださいね。

 

 

そして僕自身(美容師側)もしっかりとしたカウンセリングでお客様の髪の履歴を見極め、どんな髪の状態でもキレイにしてあげるれるような技術を高めていけるようにさらなる努力していきたいと思います!

 

でも出来るだけホームカラーしないでくださいねー!w

 

 

 

ではでは。

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪