かぶれとアレルギーは違うの?『接触性皮膚炎』とは

 

さて今回は、日常生活においてありうる「かぶれ」について書いていきたいと思います。

 

【かぶれ(接触性皮膚炎)とは?】

 

 

 

「接触性皮膚炎」とは、何らかの外的刺激が肌に接触し、接触した部分に湿疹を生じる疾患。いわゆる「かぶれ」のことを言います。

何かが肌に触れたためにかゆみなどの症状がおこることですね。

 

では、「接触皮膚炎」はどんなものが原因となって起こるのでしょうか?

 

一言でいうと「身の回りのありとあらゆるものが原因物質」になってしまうといっても過言ではありません。

かぶれやアレルギー反応というと、

化粧品や金属類、植物などが原因になると思いますが、

それ以外にも私たちの身の回りには「接触皮膚炎」を引き起こす可能性のある物質がたくさん潜んでいます。

 

 

その接触性皮膚炎は、「刺激性接触皮膚炎」「アレルギー性接触皮膚炎」の2つに分類されます。

 

【刺激性皮膚炎】

 

刺激性皮膚炎を引き起こす物質には、

台所や浴槽のパイプ洗浄に用いられる酸・アルカリ、などの強力な洗剤、毒性のある植物・昆虫、

そしてヘアカラーやブリーチなどが挙げられます。

こうした刺激性の強い物質に触れることで、かぶれなどの肌トラブルを生じる危険性があります。

 

【アレルギー性接触皮膚炎】

 

アレルギー性接触皮膚炎の場合は、身の回りにある無数のものが原因物質となりえます。

クロム・ニッケル・コバルトなどの金属類、

ウルシ・イチョウ・ラン・蕎麦・小麦などの植物、

ジアミン系の酸化染毛剤、

ゴム製品、防腐剤、香料などが、

アレルギーを引き起こす原因となっています。

 

「刺激性接触皮膚炎」は刺激性の強い物質が肌に触れると誰にでも起こりうるのに対して、

「アレルギー性接触皮膚炎」は、ほとんど人が触れてもどうと言うことがない物質でも、その特定の物質に対してアレルギーを持つ人だけに起こる、という違いがあります。

さらにアレルギー体質の人の場合は、特定物質に反応する抗体を体内で生産しやすいため、アレルギー性接触皮膚炎を引き起こしやすいといえます。

このように、「かぶれ」といってもどちらのかぶれかによって対策方法が変わってきます。

いつも何かしたときにかぶれるということがあるようでしたら、悪化する前に原因を突き止めておいた方がいいでしょう。

 

特に「アレルギー性接触皮膚炎」の場合だと大きなトラブルになってしまうことも考えられますので気をつけてくださいね!

 

ではでは。

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪