危険!間違ったシャンプーの姿勢を続けることでおこる老化の原因とは!?

 

みなさん普段お家でするシャンプーやトリートメントをすすぐときの”姿勢”って気にされたことありますか?

 

美容室でのシャンプーでは、”仰向けに寝た体勢”で洗ってもらうことがほとんどだと思いますが、

 

 

自宅でシャンプーやすすぐときなどは”下を向いた体勢”で行う方が多いのではないでしょうか?

 

 

でもこの体勢って・・・実は注意が必要なのです!!

 

 

【正しいシャンプーやすすぎの体勢とは?】

 

特に髪の長い方は、”下を向いた姿勢”でシャンプーやすすぎを行いがちですが、この下を向いたうつむきの体勢のままされていると、

生え際部分や、うなじなどにシャンプー剤が残りやすく、短い時間でのすすぎでは、きちんとシャンプー剤を落とせてない場合があります。

肌の弱い人などは、顔や首にシャンプートリートメントや、付けていたスタイリング剤が残ったりすると湿疹やかぶれの原因になってしまうことも考えられます。

そのフケやかゆみの原因!実はトリートメントかも!?

2017.04.14

やりがちな間違った3つの「シャンプーの洗い方」とは

2017.02.28

 

こういった肌トラブルを避ける為にも、下を向いてシャワーをあびるのではなく、

 

上を向いて額の斜め上からシャワーで流すのが良い体勢です。

 

この体勢のまま、シャンプー前の最初お流しや、頭を洗った後のお流しは、シャワーのお湯で2~3分以上かけてしっかりとすすぎましょう。

それだけで日常に付く汚れや、頭皮の脂などは綺麗に落とすことができます。

《ヘアケア洗濯物理論》洗濯物で覚える正しい髪の毛の洗い方(まとめ)

2017.02.18
ヌルッとした感触がある場合は、すすぎがまだ不足している状態です。

 

そしてもう1つ、

下向きの姿勢ですすぐことを止めたほうがよい理由に、

顔にシワやたるみができやすくなる」ということがあります。

 

 

下向きの体勢で顔にシワやたるみができやすくなる理由とは?!

 

 

下を向いて洗ったり、すすいだりしていると、重力で顔の肉が下がりやすくなる状態です。

ここに上からお湯のシャワーを浴びるということは、
暖まってやわらか~くなった皮膚を、水圧で下へ下へと引っ張っているようなものです。

 

その結果、顔の”たるみ””しわ”の原因になってしまうと言われています。

 

もちろんたまに下を向いて流すくらいなら、どうこうないかと思いますが、
毎日、毎日、何年もシャンプーとすすぎの間ず~っと下を向いて髪を洗っていると、

その積み重ねがたるみやしわの原因となる可能性があるということです。

どうしても猫背になりがちな姿勢もあまりよくないですね。

 

 

なので、

シャワー髪をすすぐ時は、必ず上を向いて流しましょう!
これは慣れてしまえば誰にでも出来ると思います。

現代人はスマホやパソコンなどで常に首を下げている時間も長いので、ストレッチのつもりとしてシャワーの時は首を上げるように心がけてみましょう。

 

今日から、映画やドラマでよくありそうな、外国人のシャワーシーンを思い出しながら、カッコよく洗ってすすいでみてくださいね♪

 

 

他にわからないことや疑問などがあればご相談ください。

 

ではでは。

 

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪