『衝撃』尿をエネルギーにする技術を大阪工業大学が開発ww

 

どーもー!

髪と頭皮のことを真剣に考える美容師あっくんです。

 

我が母校(高校)であり、お店からも近い大阪工業大学の教授が画期的なエネルギー作製方法の開発に成功しました!

 

尿をエネルギーに燃料電池 山小屋で電灯つけ、思い立つ

尿素や糖分をエネルギーにして発電する小型の燃料電池を大阪工業大学の金藤敬一教授(有機エレクトロニクス)が開発した。尿やジュースをエネルギー源として使えるという。
将来的に、電源がとれない山小屋やパーキングエリアで電灯をつけたり、体内の尿を利用することで電力が必要な人工臓器を動かしたりするなどの応用が、期待される。
燃料電池は、水素などの燃料を、化学反応を促進させる「触媒」を使って酸化させ、発電するしくみだ。金藤さんは、南アルプスの山小屋で懐中電灯をともしてトイレに行ったとき、「尿を燃料にできれば」と思い立ったという。

 

おしっこでLEDが発光!?

改良を重ね、約2センチ角、厚さ1ミリ程度の小型燃料電池に仕上げた。4個をつなげ、5ミリの四角い穴に注射器で尿素を注入すると、約3ボルトの電圧が発生し、LEDをともせることを確認した。

燃料電池の触媒としてよく使われるプラチナでは、尿素では作用せず使えないため、電気をよく通す「導電性高分子」を主な材料にした新たな触媒を作製に成功しました!

実際の尿や、尿素以外の糖(グルコース)、アルコール(エタノール)を燃料にすることもできるとのこと。

 

金藤教授は、

「持ち運びができるので、非常時にジュースや尿を使って発電し、助けを求めることにも使える。実用化に向けて出力をさらに上げたい」

と話しているそうです。

 

そのうち公衆便所が発電所になる日もくる!

のか?(笑)

 

ではでは。

 

『驚きの関係』虫歯が多いと薄毛になりやすい!アメリカの研究所が発表!

2018年5月7日

24時間走ったブルゾンちえみの落ちない化粧品に話題殺到!?

2017年8月29日

恋愛テク『男性が髪をさわってくる…』その真意は?

2017年3月16日

 

 

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪