妊娠中にカフェインを摂りすぎると子供が肥満になりやすいことが判明!

 

どーもー!

毎日コーヒーは欠かせない美容師あっくんです。

 

 

「妊娠中」はカフェインの摂取を控えないといけないことは、わりと有名な話なのかなと思います。

それは、カフェインに血管を収縮させる作用があるため、母体から胎盤へ送られる血液が減少する可能性があるといわれており、

血液が減ると、胎盤の形成に影響がでたり、赤ちゃんへの酸素や栄養素が十分にいきわたらなくなるために発育障害などを引き起こす可能性があると言われているためです。

 

 

しかし今回の見つけたニュースでは、

さらになんと!

 

妊婦さんがカフェインを過剰に摂取していると、

生まれてくる”子供”に『肥満』のリスクが高まると発表されました!

 

 

妊娠中のカフェインの摂り過ぎが子供の肥満の一因

 

 

 

こちらの記事によると、

妊婦のカフェイン過剰摂取が胎児に影響し、乳幼児から最大8歳児までの過体重リスクを招くという研究結果が4月23日、「BMJ Open」オンラインに掲載された。

カフェインの過剰摂取によるカリウムや鉄分の吸収阻害、また栄養素吸収阻害による代謝不良などが肥満の原因となることは、最近の研究結果として多く報告されている。

今回の研究はノルウェーの大規模前向きコホート2002~08年のデータから約5万人の母親とその子供(単胎妊娠)を選択。妊娠中のカフェイン摂取量と生後6週から8歳までの11か所における生児の体重を測定した。

その結果、カフェイン摂取量が少ない妊婦(50mg /日未満、46%)と比較して、平均的(50-199mg /日、44%)または多い妊婦(200-299mg /日、7%)の子供は、幼児期に過体重となるリスクが高かった(それぞれのオッズ比1.15、1.30、1.66)。
摂取量に関わらず、子宮内でのカフェイン曝露は3歳と5歳で過体重のリスクが高いことが関連し、摂取量が多い妊婦ではこの高いリスクは8歳まで確認された。

いずれのカフェイン摂取量も、幼児期から小児期までのBMIの増加と関連していた。この研究は、妊娠中のカフェイン摂取量を減らすための現実的なアドバイスの裏付けとなる証拠を示していると著者らは述べている。

 

なんと!

カフェインを過剰摂取すると、

“カリウム”や”鉄分”の吸収阻害を引き起こし、

さらに栄養素吸収阻害による代謝不良を起こし、

子供の肥満の原因となることが、最近の研究結果として多く報告されているそうです!

 

しかもその影響は3〜5歳までに最も強く
さらに過剰摂取されていた方だと8歳くらいまで影響が出たと報告されています。

 

妊娠の方は子供を肥満にさせないためにもカフェインの過剰摂取には気をつけましょうね。
(1日にコーヒー一杯くらいなら全然オッケーみたいですよ)

 

 

ちなみに、僕はこの本読んでから、

缶コーヒーをやめてブラックコーヒーに変えました。

『医者が教える食事術 最強の教科書』を読んでみた!

2018.01.15

 

 

 

あっくん
自分の肥満予防です

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪