せっかくドライヤーで髪を乾かしているのに暑くて汗をかく!を防ぐ方法

 

まだまだ暑い日が続きますね。

この時期のお風呂上がりのドライヤーは暑くて大変だと言われることが多いです。

 

ちゃんと乾かさないと、雑菌が繁殖しやすいや、髪の毛が傷みやすいなどと言われても、

ロングヘアや髪の毛の量の多い方などはなかなか乾かすのが大変ですよね(´・_・`)

 

「とりあえず乾かしてるけど、暑くてしょうがない!」

「ドライヤーするとお風呂でさっぱりした後なのにまた汗が出てくる!」

 

お客様

「髪を乾かしているのに、汗かいて髪が乾かへん!」(怒)

 

といった、ドライヤーをしている時にかく汗や暑さに困っている人も多いのではないでしょうか?

 

今回はそういう方のために、

とにかく早く髪の毛を乾かす方法と、涼しく髪を乾かせる方法について書いていきたいと思います。

 

とにかく髪の毛を早く乾かす方法とは?

 

 

 

①お風呂でしっかりと髪を絞る!

 

基本的なことですが、タオルドライをする前に髪の水分をしっかりと絞っておき、余計な水分を取っておくことが大事です!

頭を洗った後、毛束をきゅっと絞って水気をしっかり切ったり、クシを通したり、軽く頭を振ることで水分を取ることができます。

この後の乾かす時間短縮のためにもまずはお風呂場でしっかりと髪の水分をとってから、お風呂から出ましょう。

 

②タオルしっかりと水分をとる!

 

その次にこちらも大事です!

水気の残ったべったべたの髪の毛にいきなりドライヤーをあてても、なかなか乾きません!

ドライヤーで水分飛ばすより、タオルで水分とっておいたほうが髪の毛は早く乾きます。

きっちりとタオルで水分をとってあげることが大切です。

 

 

③乾いたタオルでしっかりと!

 

当たり前と思うでしょうが、水気を含んでしまった一つのタオルでいつまでも拭いてても水分は取れにくいです。

身体を拭いた後の湿ったバスタオルで髪の毛をタオルドライするより、

小さなタオルでも髪の毛だけに乾いたタオルを2枚使った方が乾きが早いのでおすすめです!

また、濡れたタオルを頭に巻いていても実は髪の毛はあまり乾かないので注意です。

濡れたらどんどん新しいタオルにすぐ交換しましょう!

 

 

④ドライヤーは湿気の少ない場所で!

 

実はお風呂上がりのお風呂や洗面所は蒸気で湿度がとても高い状態なのです。

そんな場所でドライヤーをあてても、乾いたそばから髪に水分がつき通常より時間がかかってしまいます。

ドライヤーを使うときはリビングや寝室など湿気の少ない場所で使うのがおすすめです。

もしお風呂付近で使う場合は換気をしっかり行い湿気がたまらないようにすると効果的です。

 

以上が基本的なことではありますが髪の毛を早く乾かす方法です。

 

 

しかし、それでもドライヤーを使うと汗をかいてしまう・・・という方に

 

タオルを頭にかぶせてドライヤー!

 

という裏ワザがあったりしますが、

 タオルを頭の上に乗せてドライヤーをかけると、髪の水分がタオルに吸収され、直接ドライヤーを当てて乾かすより、ドライヤーの熱が伝わる面積が増えたり、水分を含んだタオルが乾くことにより髪の水分を吸ってくれるため、早く乾きます。 

 

この方法だと、確かに早く乾くかもしれませんが、髪の癖や、ボリュームを出したり、押さえたり、ツヤを出したりなどのブロー効果が出来なく、くしゃくしゃに乾いてしまうので僕はオススメしていません。

 

 

このように基本的なことが多いですが、

以上のような早く乾かす方法をしてもらうと髪の毛を早く乾かすことが出来ると思います。

 

後はどんなとこでどんな風に乾かすかによって体が暑くなり、汗をかき髪の毛の乾くのが遅くなってしまうことがあります。

涼しく乾かすにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

汗をかかないで乾かす方法

 

 

①洗面所から移動する

お風呂上がりの洗面所はとにかくお湯の湿気で温度と湿度が上がっています。出来れば違う部屋に移動して乾かす方がいいでしょう。

 

②クーラーの効いた涼しい部屋でドライヤー

まぁこれが一番楽で涼しい方法ですね。お風呂上がりの火照った身体の温度も下がりますし、それ以上汗をかくのを防ぐことができますので髪を早く乾かすことが出来きます。

 

③扇風機を体に当てながらドライヤー

なんらかの理由で②のクーラーやエアコンが使えない方なら、扇風機の風を直接体にあてて、髪はドライヤーで乾かす方法がオススメです。

あくまでも扇風機をあてるのは体だけで、髪はドライヤーで乾かしてくださいね。

絶対ダメー!!暑くても扇風機で髪の毛を乾かしてはいけない理由とは!

2017.07.16

 

 

 

まとめ

 

以上、早く乾かす方法と、汗をかかないで乾かす方法をお伝えしました。

すでに実施していることも多かったかもしれませんが、これらのポイントをきちと押さえることで、これまでより汗をかかないで早く乾かすことができると思います。

残りの暑い日をなんとかこの方法で乗り切ってくださいね♪

 

 

追記

 

この記事を読んで知人の美容師さんが汗をかかないでドライヤーをかける裏ワザを公開してくれました!

面白いwww

家族などに見られたら変態扱いされるので要注意ですがww 

 

 

これで思い出しましたが僕も書いてたんですよね(笑)

舞妓さんから学ぶ『顔に汗をかかない方法』とは?

2017.07.25

しかしこれをドライヤー中にする発想はなかった(≧∇≦)www

 

 

ではでは。

 

 

寝癖のつき方が変わってきた。それって髪質の変化のサインかも!?

2017.12.20

どうして寝ぐせがつくの?その原因と対処法とは

2017.10.17

ドライヤーしなくても寝る時までに髪の毛乾いていたら大丈夫でしょ?

2017.06.03

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪