「真っ白な白髪の女性に憧れます」誰でも美しい白髪になれるの?

 

お客様の中にはこれまで白髪染めをされていたものの、

 

お客様
もうそろそろカラーをするのをやめるわ
お客様
白髪のままでいこうと思うの

 

といったご相談をされることがあるのですが、

実際に、

「いつかは白髪染めをやめたい…」

と潜在的に思われている方は意外と多くおられるのかなと思います。

 

 

真っ白な白髪の髪に憧れます。誰でも美しい白髪になれるの?

 

最近では、グレイヘア(白髪)の魅力を伝えるような本や雑誌も出ておりなかなか人気のようです。

 

その本の中でも人気なのが、

 

『パリマダム グレイヘア スタイル』

染めない」ことでありのままの自分の姿で生きることを選んだ、素敵なパリマダムたち37人を取材した本です。

中身は、グレイヘアにした理由やグレイヘアを美しくみせるコツやファッションなどが書かれていて、

おしゃれはもちろん、その「ありのままの美しさ」を選んだパリマダム達のステキな生き方について書かれている本です♪

 

この様なありのままの姿を活かした生き方はとてもステキなのですが、

 

ほんの軽い気持ちで憧れたり、

もしくは染めることが面倒に感じ、そろそろ染めることをやめたい。

と思っておられる方にお伝えしておきたいことがあります。

 

 

“染めない”という選択をする前に知っておいてほしい4つのこと

 

 

①誰しもが全て真っ白な白髪になるわけではない

引用https://www.pinterest.jp/pin/575123814893971155/

もう思い切って染めることをやめれば、

誰でもパリマダムのように素敵な美しい真っ白なグレイヘアになれるのかというと、

残念ながらそうではありません。

 

白髪」というと一般的には、

  • 年齢を感じる
  • 髪の手入れをしていないように感じる
  • 貧相に見える

 

といったように、マイナスのイメージになりがちです。

なので「美しくありたい」「子どものために若くいたい」「仕事上のマナー」など、面倒と思いながらも白髪染めを続けている方が実際には多いのだと思います。

 

カラーをやめて全て地毛になったとしても、

実際に頭全体が綺麗な”真っ白“になる方は半分もおられないかもしれません。

白髪の量は髪質や遺伝、生活環境などで決まると言われています。

白髪になる「5つの原因」とは?

2017.04.06

 

もうほとんど白くなってしまっている方は問題ありませんが、

「今後全部白髪になったらカラーをやめて白髪にするわ」と思われている方も、

60代に入り半分以上黒い髪が残っているようであれば亡くなるまでに綺麗な真っ白な髪になることは難しいと思われます。

 

大概の方は白髪の中に黒髪が残る”ごま塩頭”と言われるような状態になってしまう場合が多いので、

現状どのくらいの白髪率になっているのか、ご自身では見えにくいですので、後ろの方は家族や美容師さんに確認してもらう方がいいでしょう。

その上で今後どれくらい増えていきそうなのか聞いてみるといいでしょう。

 

②髪質によっても注意が必要

白髪は黒髪に比べて水分量が少ないため、もともと水分量が豊富でしっかりとした髪質の方であれば、美しい白髪になりやすいです。

逆に、細く乾燥しがちな髪質の方は白髪になったとき、さらに乾燥が進み髪がパサついてしまいます。

 

ボリュームが出にくくパサつきやすい毛質が、老けた印象を与えてしまうこともありえるのです。

ふんわりツヤ感が美しい白髪のカギとなります。

髪質がもともと細かったり、毛量の少ない方は染められないとさらにボリュームがなく透けたように見えてしまうことがあるので注意してください。

 

 

③染めているところを無くすのは時間がかかる

これまでに白髪染めをされてきている方が、全てを地毛の色にするのには、

ショートの方で早くても半年以上、ボブくらいの方でも1年以上かかる場合があります。

髪の毛の伸びるスピードは1ヶ月で1cmほどです。現在のヘアスタイルの1番長いところの長さを確認してもらいおおよその月日を考えられるといいでしょう。

 

そしてほとんどの方が染めない選択をされたものの、、

3ヶ月くらいを目安に、伸びてきたところと染めているところの差が目立ち、

やはり我慢出来なくて染めることに戻すというパターンがとても多いです。(この辺りで家族や周りからの反対意見が出てくるということも聞きます)

 

ならば染めていた髪を明るく(白く)なるように脱色すればいいじゃないの?と思われる方もいらっしゃると思いますが、これまでずっと白髪染めをされていた髪を綺麗に明るくすることはとても大変です。

その場合何度もブリーチをすることになりますが、それによりキレイに色が抜けることはかなり難しいです。

若い頃の様に髪の強さも弱まっていますので、明るくする前に髪の毛がダメージによりボロボロになってしまうことがあります。

『ヘアブリーチ』髪を脱色するブリーチっていったいどんなもの?

2017.03.22
それでも早く明るくしたいという方には、髪の毛のコンディションを見極めながらのブリーチや、薄い色で少しずつ染めていく方法をとったりしますので一度ご相談ください。

 

 

④より髪の毛のお手入れを大切する

染めずに美しい白髪になりたいというかたには、黒髪のとき以上にこまめに美容室にいくことをオススメします。

白髪頭のまま髪が伸びてボサボサになってしまうと、染めているとき以上に周りから、年齢以上に見られたり、疲れている、だらしないなどといった印象を与えてしまいます。

伸びてボサボサになったり、傷んで毛先かバサバサになってしまう前にこまめにカットして美しいヘアスタイルを保つようにしましょう!

 

そのうえでデイリーケアを丁寧に行い、きちんとお手入れされている状態を保つ様にしてください。

 

 

 

まとめ

 

真っ白にしてしまえば楽になるはと思われている方も、染めていないことでマイナスのイメージになってしまうこともありますので注意が必要です。

染めないからこそ、ファッションにも気をつけて、髪のケアもしっかりと行う。

これが美しい白髪のマダムを目指す為の鉄則です。

 

染めることをやめて全てを地毛にするまでには長い月日と確固たる意志が必要だとは思いますが、

それを乗り越えるとあなたらしい「ありのままの美しさ」を引き出せることになりますので頑張ってみてくださいね。

 

 

ではでは。

 

 

 

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪