『カミクローネ』マニキュアとひかり染毛のダブルで染める白髪染めのデメリット

 

どーもー!

髪と頭皮のことを真剣に考える美容師あっくんです。

 

数年前に「光で染まるヘアカラー」などという触れ込みでネット通販を主体に広まった家庭用ヘアカラーがありました。

安全にお手軽で白髪染めが出来るということで、

いつもの白髪染めの間につなぎとして、少し白髪をカバー出来たらいいかなと軽い気持ちで使われたのが原因で、

 

髪の毛が緑色になった!

というトラブルが全国の理美容室およびセルフカラーで問題になりました。

 

なんとその「光で染まるヘアカラー(銀イオンカラー)」を使用した後に、通常の白髪染め(アルカリカラー)で染めると、染料同士が反応して髪の毛が緑色になってしまったのです。

 

全国の相次ぐトラブルやクレームにより、ここ数年はあまり見かけることが減っていたりトラブルの話もあまり聞かなくなっていましたが、

今もなお「銀イオンカラー」と「ヘアマニキュア」が合体した商品が出てるという事をお聞きしたので調べてみる事にしました。

 

光とマニキュアで染める新しい白髪用染毛料

 

カミクローネEX(ナチュラルブラック/ダークブラウン)

商品特徴

・ひかりにあたって発色するひかり染毛と髪を傷めにくいマニキュア染毛を採用。カラーリング成分(酸性染料)が髪に浸透し自然な色合いに仕上げます。
・1剤タイプで洗い流さないから、すぐに使えて簡単便利。
・トリートメント成分(アボカドオイル※1、ローズヒップオイル※2、ヒアルロン酸Na、ガゴメ昆布※3、パンテノール)がパサついた髪の内部に浸透。油分を補いうるおいを与え、ヘアダメージを補修してハリとツヤのある髪へ導きます。
※1 アボカド油、※2 カニナバラ果実油、※3 ガゴメエキス
・生え際や分け目、もみ上げなどの細かい部分が染めやすい【生え際キャッチブラシ】がついた細部用一体型ブラシを新しく採用。
・毛染め特有のツンとしたイヤなニオイを抑えました。

・使用方法

1、塗付用ブラシの中央に手前 1/3 位をあけてふたすじジェルをとり、髪に塗布します。これをくり返し、髪全体にジェルをいきわたらせます。
※ショートヘアの全体染めでブラシ6~7すじ分がめやすです。
2、ブラシの上のジェルの色が目立たなくなるまでブラッシングをくり返し、ジェルを髪によくなじませてください。
3、ジェルを十分になじませたあとは自然乾燥か、またはブラッシングしながらヘアドライヤーなどでよく乾かしてください。
4、完全に乾いたら、染毛完了です。お好みのヘアスタイルに整えてください。
・ご使用後の洗い流しは不要です。
・光があたるとひかり染毛成分(銀イオン※)が発色します。※硫酸銀

全成分

水 エタノール ベンジルアルコール グリセリン クエン酸 ポリアクリルアミド 水添ポリイソブテン ラウレス-7 アボカド油 カニナバラ果実油 ガゴメエキスバンテノール ヒアルロン酸Na 硫酸銀 イオウ 紫401 橙205 褐201 緑3 香料

 

こちらの商品説明と使用方法を読ませてもらうと、

ジェルタイプのカラー剤を気になるところに付けて、ドライヤーで乾かすだけで流さなくてOKとのこと。

その後は光に当たれば「銀イオン(硫酸銀)」が反応し髪の毛を染めてくれるのと、ヘアマニキュアの染料である「酸性染料」も配合されているので、

銀イオンだけでは1度で染まりにくいデメリットをヘアマニキュアの力でしっかりと染まる様に工夫されている様です。

 

全成分表示に書いてある、

硫酸銀」が光で染まる成分(銀イオン)

紫401 橙205 褐201 緑3」がマニキュアの成分(酸性染料)になります。

2種類の染料を組み合わせる事により、お手軽でしっかりと染まる製品になっている様ですが、

それ以上に気をつけないといけないデメリットがあります。

 

光で染まるヘアカラーの大きなデメリット

こちらのカミクローネの使用説明書をちゃんと読めば書いてありますが、

※本品は白髪用染毛料(ヘアマニキュア)です。酸化染毛剤(おしゃれ染めヘアカラー)ではありません。

本品で染めたあと、他の染毛剤.ヘアカラー(医薬部外品)をご使用になる場合のご注意。本品で染めたあとの髪に美容院や市販の酸化染毛剤(主に1剤 2剤を混ぜて使用する染毛剤)やヘナなどの染毛剤を使用すると、まれに本来の染毛剤の色とは違った色(緑色など)になることがあります。

酸化染毛剤やヘナをご使用される場合は、本品で染まった色を前もってヘアブリーチ(毛髪脱色剤)で除去(脱色)してからご使用になることをおすすめします。

※ヘアマニキュアを使用される場合は変色することはありません。また、酸化染毛剤で染めた髪に
本品を使用しても変色することはありません。

こちらのカミクローネの商品を使った後に、酸化染毛剤(普通のヘアカラー)で染めると緑色に変色すると書かれています!

ヘアマニキュアを混ぜてあろうが、銀イオンカラーで染めた髪の毛は緑になってしまうので気をつけてください!

 

実際にこの商品を使われて見事に顔周りが緑になってしまった方のブログも見つけました。

あっくん
お手軽な気持ちで使用すると大変な事になってしまうので注意してください!

 

もし既に使用してしまっていたら・・・

もし既にこのカミクローネおよび光で染めるタイプのヘアカラーを使用してしまっていた方は、

染めたところが無くなるまで通常ヘアカラー(ジアミン染料)で染めるのはやめておきましょう。間違いなく髪の毛が緑になってしまいます。

ヘアマニキュアを一緒に混ぜれる事から、酸化染料以外のヘアカラーであれば緑に変色しないと考えられます。

ヘアマニキュアやカラートリートメントタイプなどの「ノンジアミンカラー」などで染める様にしましょう。

[完全保存版]ノンジアミンカラーの種類と特徴を徹底解説!

2017年5月10日
ヘナも変色するので注意と書かれていますが、これはジアミンを含んだヘナがある為だと思います。100%天然ヘナであれば大丈夫だと思いますが試したわけではないので自己責任でお願いします。

 

もしこちらの商品や光で染まるヘアカラーなどは使用してないのに髪の毛が緑色になってしまった場合はこちらが原因かもしれません。

大失敗!!市販のカラーで髪色が青や緑になってしまう3つの理由とは

2019年4月4日

 

わからない事がありましたらお気軽にご相談ください。

 

ではでは。

 

市販のヘアマニキュアはわざと染まりが悪くなってた!?美容室との違いとは?

2018年12月10日

警告!家で毛染めをするとジアミンアレルギーになりやすくなる4つ問題点

2017年11月5日

口コミサイトで人気の「昆布系カラートリートメント」ってどうですか?

2017年10月21日

売上げじゃない!市販のカラーを美容師が嫌がる本当の理由!

2017年5月27日

 

この続きはcodocで購読
The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、ART FOR ART`S千林店で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です! ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。 特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみなどの知識・経験においては同業者や美容メーカーからも厚い信頼をいただいき、ノンジアミンカラー「NODIA(ノジア)」をプロデュース。全国でセミナー開催し好評を得る。

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、ART FOR ART`S千林店で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です! ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。 特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみなどの知識・経験においては同業者や美容メーカーからも厚い信頼をいただいき、ノンジアミンカラー「NODIA(ノジア)」をプロデュース。全国でセミナー開催し好評を得る。