2021年、大阪府寝屋川市に美容室「hair's LOG(ヘアーズ ログ)』を独立オープンさせていただきました!

中野製薬が加齢による後天的なくせ毛の原因が毛母細胞の融合と解明!

 

どーもー!

髪と頭皮のことを真剣に考える美容師あっくんです。

大阪の寝屋川市で「hair’s LOG(ヘアーズ ログ)」という美容室をやっています。

hair’s LOG公式ホームページ

あっくん(小野敦之)プロフィール

中野製薬が関西大学の共同研究により、年齢と共に少しずつうねりなどのクセが出てくる原因について、

「第32回 国際化粧品技術者会連盟(IFSCC)学術大会2022ロンドン」で発表されました。

 

【中野製薬株式会社】関西大学と連携し、加齢などによる後天的な「うねり毛(クセ毛)」の発生要因を解明 「第32回 国際化粧品技術者会連盟(IFSCC)学術大会2022ロンドン」で研究成果を発表

 中野製薬株式会社(本社:京都市/代表取締役社長:中野 孝哉)は、同一人物の直毛とうねり毛の比較から、後天的な「うねり毛(クセ毛)」では複数の毛母細胞が融合し、一つの毛包が形成されていることを明らかにしました。この結果を2022年9月19日(月)~22日(木)の期間で開催された「第32回 国際化粧品技術者会連盟(IFSCC)学術大会2022ロンドン」(以下、IFSCCと呼ぶ)において、関西大学との共同研究成果として発表しました。

関西大学と連携し、加齢などによる後天的な「うねり毛(クセ毛)」の発生要因を解明

中野製薬が関西大学の共同研究により、

「第32回 国際化粧品技術者会連盟(IFSCC)学術大会2022ロンドン」で発表した研究によると、

「くせ毛」には大きく、

  1. 先天的なもの
  2. 加齢によるもの(後天的)

があるのですが、

加齢によるくせ毛の原因が、
「複数の毛母細胞が融合し、一つの毛包が形成されるのが原因である」ということを発表されました!

くせ毛の発生要因を調べることを目的に、
同一人物の「直毛」と「うねり毛」を引き抜き、毛根部分の違いについて観察したところ、

後天的にうねった毛髪では、別々の毛髪になるはずであった毛髪の元となる細胞“毛母細胞”が融合し、一つの毛髪を形成していることを発見したそうです。

さらに、「うねり毛」では毛根の形成に関わる物質(タンパク質)の量にも違いが見られることをつきとめました。

 

中野製薬の発表内容

・発表タイトル

「後天的な要因によるうねり毛の抜去毛包組織に見られる形態学的特徴に関する検討」

発表者:中野製薬株式会社 堀部一平、石原良二、中野孝哉
関西大学 化学生命工学部 柯兪如、泉沙良、住吉孝明、長岡康夫

・研究の背景
毛髪の外観は、形、色、光学特性など多くの要素によって変化し、その人の見た目の第一印象に大きく影響します。 その中のひとつである「毛髪のうねり(クセ)」は、カール毛のような先天的なうねりの他に、加齢などの後天的な要因によっても生じると考えられていますが、そのメカニズムについてはよく判っていません。そこで、本研究では、同一人物の直毛とうねり毛の毛包組織の形態学的な違いについて検討を行いました。

・研究の成果
同一人物の頭部から直毛とうねり毛を引き抜き、付着した毛包組織とともに毛髪をパラフィン樹脂に包埋しました。その後、ミクロトームを用いて連続した毛髪横断面の薄切切片を取得し、毛包組織の形態学的特徴の違いについて比較を行いました。その結果、うねり毛では複数の毛母細胞が融合し、一つの毛包および毛髪を形成していることが判りました。

 

被験者Aの抜去毛包組織の拡大図

次に、免疫組織化学染色により、組織の分化に関わる因子の発現を確認したところ、うねり毛の毛包組織(内毛根鞘)では、ケラチンタンパク質の一種である“KRT71”と、タンパク質のジスルフィド結合の形成に関与する“CUTC”の発現が不均一になっていることが判りました。これは、一つの毛包内において組織の分化段階が部分的に異なることを示唆しており、複数の毛母細胞が融合し一つの毛包を形成していることを裏付けているものと考えます。

さらに、生体組織の発生・分化・細胞極性などに重要なシグナル伝達経路の一つである“Wntシグナリング経路”に関連する“Wnt5a”の発現量を比較したところ、うねり毛では部分的に減少している様子が捉えられました。一方で、“Wntシグナリング経路”の阻害因子である“DKK1”は、うねり毛で増加していることが判りました。すなわち、“Wntシグナリング経路”の不調が毛母細胞の融合に関与しているのではないかと考えられます。

毛母細胞融合による後天的なうねり毛の発生予想模式図

通常、一つの毛穴からは1本~4本の毛髪が生えており、毛包ユニットと呼ばれています。毛包ユニット内のそれぞれの毛髪は一定の距離を保ち、独立したヘアサイクルに従って生え変わっています。しかし、今回の結果から、何らかの後天的な要因によって毛包ユニット内で毛髪の元となる複数の毛母細胞が近づき、融合することで後天的なうねり毛が生じると考えられます。

複数の髪の毛の細胞が合わさり一つの毛が生えてくるってなんだかすごいですね!

ただそれが原因でくせ毛になってしまうようですが・・・

あっくん
年齢と共に髪の毛が少なく感じるのもこれが原因っぽいですね

 

後天的なくせ毛に関しては、毛のタンパク質が不均一になっているというのはなんとなく予想されていましたが、その原因として毛母細胞の融合があったようです。

同社も「今回明らかになった毛母細胞の融合に関して更なる研究を進め、後天的な毛髪のうねりの悩みを解決できるヘアケア商品の開発につなげていく」としているので今後に期待したいです!

 

加齢によるうねり・パサつきをおさえてくれるヘアケア製品

現在hair’s LOGで、エイジングによる髪の毛の「パサつき」「くせ・うねり」「広がり」に悩まされている方にオススメしているのが、

(株)ムーランエムーラン から発売されている

「Renoviel(リノヴィール)」シャンプートリートメント

髪の毛のダメージや加齢によるパサつきは、髪の毛の栄養分が少なく凸凹や髪の毛の内部に空洞が出来ている状態です。

その凸凹や空洞があると、髪の毛はうまく水分を調節できなくなり、

広がってパサパサになってしまったり、髪の毛に歪みが出てうねりやすくなったりしてしまいます。

加齢やダメージはその髪内部の空洞(ダメージホール)の原因となりますが、

「リノヴィール」はその髪の毛の空洞部分を整えることでまとまりがあり扱いやすい、
髪本来の形に近づけてくれるヘアケアシリーズです。

詳しくはこちら👇

商品特徴や購入方法などもこちらにまとめてあります。

その他ご質問などあればお気軽に♪

 

ではでは。

 

 

寝屋川市香里園駅から徒歩3分の美容院

hair’s LOG(ヘアーズ ログ)公式ホームページ

アクセス

お問い合わせ方法

メニュー料金

この続きはcodocで購読
The following two tabs change content below.
大阪 寝屋川市 香里園駅 徒歩3分「hair's LOG(ヘアーズ ログ)のオーナーあっくんこと小野敦之(オノアツシ)です! ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。 特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみなどの知識・経験においては同業者や美容メーカーからも厚い信頼をいただいき、ノンジアミンカラー「NODIA(ノジア)」をプロデュース。全国でセミナー開催し好評を得る。

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUT US
あっくん★
大阪 寝屋川市 香里園駅 徒歩3分「hair's LOG(ヘアーズ ログ)のオーナーあっくんこと小野敦之(オノアツシ)です! ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。 特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみなどの知識・経験においては同業者や美容メーカーからも厚い信頼をいただいき、ノンジアミンカラー「NODIA(ノジア)」をプロデュース。全国でセミナー開催し好評を得る。
SNSでシェア