髪がジリジリ!?『ビビリ毛』になってしまう原因とは!?

 

どーもー!

髪と頭皮の事を真剣に考える美容師あっくんてす。

 

 

今回はビビリ毛について書いていきたいと思います。

 

お客様
ビビリ毛?

 

そう、一般の方には馴染みのない言葉かもしれません。

でも、パーマやカラーが大好きな方だったら、

これまで1度くらいは経験があるかもしれません!?

 

 

「ビビリ毛」とは!?

 

 

一般の方だと、髪の毛を傷め過ぎて、

チリチリ、ジリジリ、トロトロ

の状態になってしまった髪の毛と言ったらわかりやすいでしょう。

 

過度に髪の毛が痛んで、髪の毛の状態が維持出来なくなった。

超ダメージ毛のことを言います。

 

髪の毛全体(あるいは毛先だけ)が縮れてチリチリになってしまった…。

ビニールひもが溶けかかったような、見た目も手触りもジリジリした髪、

枝毛が止まらない、触ればどんどん切れた毛が出てくる、

髪がゴムのように伸びる、

濡らすとくちゃくちゃになる

 

こういった状態が「ビビリ毛」と呼ばれます。

 

髪表面のキューティクルが溶け、

髪の毛のタンパク質がぐちゃぐちゃになり、

正常な水分・油分も保てなくなくなった状態です。

 

 

例えばこんな感じになってしまった髪の毛です。

(ここまで酷い方は稀ではありますが)

 

一度このビビリ毛になってしまうと髪は元通りには戻りません!!

絶対にこんなことにならないように気をつけなければいけません。

 

 

では、このビビリ毛にはどういった原因で起こるのでしょうか?

 

 

ビビリ毛になってしまう原因とは!?

1番ビビリ毛になってしまいやすいパターンは、

縮毛矯正やデジタルパーマなどの、
薬剤と熱を使った施術の失敗で起こりやすいです。

髪の毛が薬剤や熱のパワーに耐えきれず、

元々のあるべき形状を維持することが難しくなってしまった場合におこります。

 

なので縮毛矯正やデジパで、ビビリ毛になってしまう原因の大部分は、

 

美容師サイドの失敗・判断ミスが原因になることが多いです。

 

健康な髪の毛ならまだしも、

もともとダメージのある髪の毛に薬剤を付けるということは、

薬剤選択や放置時間、その他の行程の判断ミスが過度なダメージにつながります。

また技術が未熟なアシスタントが担当することによっても起こりえます。

 

普段お家でされている、乾いた状態にアイロンするのとは違い、

パーマ剤によりやわらかくデリケートになっている状態の髪の毛に、
高温をあてて熱によるタンパク質の変性を行う技術です。

 

髪質やダメージによって、
使用する薬剤の強さや時間、行程なども計算して行う非常に難しい技術なのです!

これを大きく失敗してしまうとビビリ毛になってしまうのです。

 

このようにビビリ毛は、

美容師サイドの技術不足・判断ミス・経験不足などが原因で起こってしまうことが多いです。

 

しかし、

 

その美容師のミスを誘発してしまう原因が、

お客様側にもある場合もあります。

 

 

 

ビビリ毛を誘発してしまうお客様側の原因とは?

 

①普段使用されているヘアケア類

 

ビビリ毛の原因には実は、普段お家で使用されているしているホームケアも大きく関わってきます!

パーマやカラー、縮毛矯正などの薬剤を使用するメニューの場合、

どんなに髪に優しいと言われる薬剤を使用しても、

髪の毛に負担をかける技術なので、高い毛髪診断能力と薬剤知識が必要になります。

 

しかしその正確な判断をしようと思ったときに、

 

普段のケアが妨げになっているかもしれないのです!

 

髪の毛はすでに成長を終えた細胞であり、

現在のトリートメントで”髪の毛を治す”ということは厳密にはできません。
(髪の毛をコーティングするか内部に似たような成分を入れるか、それも一時的なものでしだいに元に戻ってしまいます)

お家で使用されるトリートメントは見た目の誤魔化しでしかないので、
メイクでいうファンデーションの役割と言っていいでしょう。

 

ファンデーションは肌の欠点を隠すことができるように、
トリートメントは髪の毛のダメージを隠してくれます。

 

そんなファンデーションを塗りたくったような髪の毛、

例えば、市販のコーティング成分たっぷりのシャンプートリートメントを使用していたり、
洗い流さないタイプのトリートメントを毎日ふんだんに付けていたりすると、

一見それほどダメージしていないのかと間違えやすくなります。

 

もちろんそういった認識を持った美容師さんであれば、視診・触診・問診などで判断できるのですが

 

その判断ができなかったり、見誤るとトリートメントの奥に隠れた本来の髪の毛のダメージに気づかずに、

パーマや縮毛矯正、ハイトーンのカラーなどの施術をしてしまった場合、

びびり毛になる危険性は何倍にも膨れ上がってしまいます!

 

なので、お家で使われているシャンプーやトリートメントも変にベタベタしない物を選び、

アウトバストリートメントなんかも付け過ぎない方がいいでしょう。

 

 

②髪の履歴が複雑!

 

これはホームカラーで髪の色やダメージがムラムラになっていたり、

お家で毎日高温のコテやアイロンなどを使い、部分的にダメージを与えてしまっていたり、

 

美容室に行っても、

《カラー→パーマ→ストレート→メッシュ→黒染め》

みたいに、様々なメニューを繰り返し、

頻繁に髪型を変える方は要注意です!

 

これは髪の毛の状態が頭全体の中でとても複雑になってしまっているパターンです。

 

これは担当される美容師にとって、

薬剤選定や塗布技術などをとても複雑にさせてしまうことになり、

失敗の原因になりやすいです。

 

どんな髪質でもダメージ毛でも根元から毛先までこれ一本!みたいなお薬は今のとこありません!

 

 

あと、美容室ジプシーとも言われるコロコロ美容室を変えられる方も、

それぞれの美容師さんが違った薬剤などを使用するために髪の毛のコンディションがバラバラになり、

これまでの履歴がとても複雑になりやすいので、同じ様な原因になりやすいので気をつけてください。

 

 

つまり、

 

お客様側も美容師側も無茶なメニューや判断はしないように、

どちら側も気をつけなければいけません。

 

なぜなら、

一度でもビビリ毛になってしまった髪の毛は絶対に元通りにはならないからです。

 

 

 

 

まとめ

 

髪がビビる原因で多いのは、

  • セルフカラーやブリーチのやり過ぎ
  • 家で高温のアイロンやコテされる方
  • 美容院でパーマや縮毛矯正・デジパなどを繰り返した時

などの時になりやすいです。

 

ビビリ毛にならないには、第1に美容室側の技術と知識の向上が必要であり、

“出来る出来ない”の判断を間違えないこと、

 

そして、お客様側は毎日のホームケアやセルフカラーや過度のアイロンなど、そして無茶なメニューなどもしないようにすることです。

本来無茶なことしなければそうそうなるものではないです 

 

何度も言いますが、ビビリ毛を完全に元通りの髪に戻すことはできません

ビビリ毛にならない様にすることが1番大切です。

 

 

ではでは。

 

 

 

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪