ストレスにより白髪が増えるメカニズムが遂に解明!ノルアドレナリンが影響か!?

 

どーもー!

髪と頭皮のことを真剣に考える美容師あっくんです。

 

昔からストレスで白髪が増えるなどの噂話はありましたが、

米ハーバード大の研究チームが、

ストレスにより白髪になるメカニズムを解明したという発表を行いました!

 

ストレスで白髪になる仕組み解明 ノルアドレナリンが細胞を過剰に活性化

 【ニューヨーク時事】フランス革命で処刑された王妃マリー・アントワネットは、処刑前夜に一晩にして白髪になった―。

こんな言い伝えがあるほど、強いストレスと白髪は関係が深いと考えられている。米ハーバード大の研究チームはこのほど、ストレスが白髪をつくるメカニズムを解明し、22日付の英科学誌ネイチャー電子版に論文を掲載した。

研究チームはマウスにストレスを与え、白い毛が生えてくる過程を観察。ストレスを感じると放出される神経伝達物質のノルアドレナリンが、毛根付近の細胞を過剰に活性化させることが原因だと突き止めた。

毛根付近にある幹細胞は通常、髪が生える過程で徐々に色素細胞に変化し、髪の色素を生成している。ところが、ノルアドレナリンによって過度に活性化すると、急速に色素細胞へと変わり、枯渇してしまうという。

研究チームは、今回解明されたメカニズムが「ストレスが体の他の部位に与える影響を理解することにもつながる」と期待している。

 

ノルアドレナリンの過剰な活性が白髪になる原因に!

ストレスを感じると発生する「ノルアドレナリン」という神経伝達物質が細胞を過剰に活性化させることが原因だと考え、

研究チームはマウスにストレスを与え、白い毛が生えてくる過程を観察したという事です。

 

人間が若白髪になるように、マウスの体毛も年齢に関係なく白くなります。

この実験では、マウスをストレス(痛み、拘束、心理的ストレス)にさらすことで白毛化を誘発し、その際の体内変化が観察され、

ストレスを浴び続けたマウスは数日後には白髪が増えたことを確認されました。

マウスに強いストレスがかかると、交感神経系がノルアドレナリンを放出するのですが、

通常、この『ノルアドレナリン』によって血圧が上昇したり心拍数が上がったりし、体をストレスに対応できるようにします。

あっくん
ストレスから身体を守ってくれるために放出されるわけですね。

 

しかしこのノルアドレナリンは、毛に色を与えるための役割を担っている「色素幹細胞」にも作用することも分かりました。

強いストレスが加わり続けることで、ノルアドレナリンも放出され続け、色素幹細胞が過剰に反応し、色素を放出し続けてしまいます。

そうなると色素の貯蔵庫である色素幹細胞が枯渇してしまい、毛に着色できなくなってしまうのです。

あっくん
急激に全てのパワーを使い過ぎて、もう働けなくなってしまったという感じですね

 

枯渇した色素幹細胞に回復の見込みは無いとされていて、
人間も同様に強いストレスを受け続けるなら、若くして白髪になり、後戻りはできないと考えられます。

 

ストレスから色素幹細胞の損傷を防ぐことにも成功!

しかし、別の実験により、ストレスを受けてもマウスの白毛化を防ぐことにも成功したそうです!

それはノルアドレナリンの分泌を抑制するとかいう無謀なことではなく(ストレスから身体を守れなくなり病気になってしまいます)

ストレスによって幹細胞が損傷してしまう原因となる“タンパク質”「サイクリン依存性タンパク質キナーゼ (cyclin-dependent kinase)」を抑制することで、毛色の変化を防げたのことです!

細胞周期の回転においてエンジンの役割をするのがこの「サイクリン依存性キナーゼ」というタンパク質になり、細胞増殖の制御に関連するものです。

 

つまり、

  1. ストレスから身体が「ノルアドレナリン」を放出
  2. ノルアドレナリンが色素幹細胞の細胞周期を担う「タンパク質」を過剰に反応させる(ここを抑制!)
  3. 色素幹細胞が働き過ぎて役割を終える
  4. 白髪になる。

この流れの②のところでブロックし、色素幹細胞の細胞周期を正常に整える事で、ストレスによる白髪を防ぐという事の様です。

マウスのストレス性の白毛化防止を応用するなら、人間のストレス性の白髪化を防止できるお薬や、予防できるヘアケア剤などが今後も登場する可能性もあります。

あっくん
でもそれより大切なのはストレスを減らす生活を出来る限り行うことですね

 

そして、これにより、

「ストレスによる白髪化のメカニズムは、加齢による白髪化のメカニズムと同じなのか?」

「加齢による白髪化を遅らせることができるか?」

などの新たな疑問も生まれます。

今回はストレス性の白髪のメカニズムが一部解明されたという発表でしたが、やはり多くの方が気になるのは、加齢による白髪化です。

これからも白髪へ研究は続くと思いますので、いつか安全で白髪を防止、予防できるようなものが出来るといいですね♪

 

ちなみに、、

この記事の冒頭で、

フランス革命で処刑された王妃マリー・アントワネットは、処刑前夜に一晩にして白髪になった―。

と書かれていますが、

 

これは全くのデマです!ww

万が一、強烈なストレスによりこれから生えてくる髪の毛が白髪になることはあっても、

今、すでに生えている黒髪が“一晩”で真っ白になる様な事は絶対にありません!!

あっくん
もうそれはブリーチしまくるしかないですww

 

ではでは。

 

 

『ブラックリバース処方』ついに白髪を黒髪に戻す技術が開発される!

2019年3月2日

白髪が増える原因はメラニン色素の不足!メラニンの生成に必要なものは?

2018年5月26日

ストレスで白髪が増えるは本当!?ストレスが遺伝子に影響を与えることが判明!

2018年5月11日

 

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、ART FOR ART`S千林店で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です! ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。 特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみなどの知識・経験においては同業者や美容メーカーからも厚い信頼をいただいき、ノンジアミンカラー「NODIA(ノジア)」をプロデュース。全国でセミナー開催し好評を得る。

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、ART FOR ART`S千林店で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です! ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。 特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみなどの知識・経験においては同業者や美容メーカーからも厚い信頼をいただいき、ノンジアミンカラー「NODIA(ノジア)」をプロデュース。全国でセミナー開催し好評を得る。