注意!無理な食事ダイエットが髪の不調の原因になっている!?

 

どーもー!

髪と頭皮のことを真剣に考える美容師あっくんです。

 

最近急に、髪の毛が細くなった、抜け毛が多くなった、白髪が増えた、など髪の不調を感じている方はおられませんか?

こういった不調の原因が実は”無理なダイエット”による栄養不足だということがあります。

特に「単品ダイエット」は、肌も髪もボロボロになりがちです。

今回はそんなダイエットによる髪の毛の不調の原因について書いていきたいと思います。

 

 

1つものしか食べない単品ダイエットは髪の大敵!

 

髪にとってよくない食生活として「単品ダイエット」が挙げられます。

「単品ダイエット」はご存知のとおり低カロリーの食品を、1つ選び目指す体重に到達するためにそれをひたすら食べ続けるというものです

例えば、一時的に大流行した、バナナ、リンゴ、トマト、キャベツ、ゆで卵など様々な食材での単品ダイエットがもてはらされてきました。

トマトダイエットをする人は髪の毛がキレイになれない法則

2017.05.15

 

確かに低カロリーの食品ばかりを食べ続ければ体重が、減って行くのは当然でしょう。
しかし、こうしたダイエットほど髪や体の健康に悪影響を与えてしまうのです。

もちろん適正体重を保つことは髪や体の健康のためには大切です。
余分な脂肪は血中で中性脂肪となって蓄積され、血流を悪くしてしまいます。

そうなると髪にとって重要な栄養素が毛母細胞に行き渡りにくくなり、抜け毛や薄毛につながってしまうのです。

《保存版》元気な髪の毛がぐんぐんと成長する方法

2017.03.18

 

なので、健康診断等で『肥満』と判定された場合にはやはりダイエットが必要ですが、

その際に食事を減らす極端なダイエットは髪にとっても体にとっても逆効果です

 

ダイエットで、摂取カロリーを制限すると体は一種の飢餓状態となります。その場合栄養は脳や内臓など生存に欠かせない部分に優先的にまわされます

一方、肌や髪は生存に直接かかわることがありません。そのためこれらへの栄養の供給は後回しにとにり十分に行き渡りにくくなります。

その結果肌はボロボロになり髪に関しては髪質が衰えていき抜け毛や薄毛が生じやすくなります。
20代で起こる薄毛や抜け毛の原因はこういったことが多いので注意が必要です。

 

 

 

まとめ

芸能人や雑誌のモデルさんなどに憧れて無理なダイエットをしてしまう方が増えています。

食事による極端なダイエットというものは、体に必要なエネルギーを減らすことになり、体重だけでなく髪や肌などの他の箇所にも影響を与えてしまうことになります。

なのでもしダイエットされる方でも、偏ったやり方は避け、適度な運動やバランスの良い食事などを心がけながら健康的に痩せることを目指しましょう。

 

 

ではでは。

 

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪