『安売り化粧品』ネット販売の裏情報と危険性について

 

最近はネットでお買い物をするのがとても便利な時代になってきましたね。

近くに売ってないものや、たくさんの商品から選べたり、すごく安かったり、

パソコンがなくても、スマホひとつでいつでもどこでも好きな時に買えたりと、とても便利です。

 

実際に僕もよく利用しています。

 

しかし、便利の反面、いろいろなトラブルが増えてきています。

その内のトラブルの1つが『化粧品の品質のトラブル』です!

 

【安売り化粧品】ネット販売の危険性について

ネット販売における「化粧品の品質のトラブル」とはどういうことかと言うと、

 

まず化粧品には使用期限がある程度決められています。

詳しくはコチラ↓↓↓

いったいいつまで使えるの!?化粧品に使用期限はあるの?

2017年3月5日

化粧品類を販売する上で使用期限は約3年ということが決められています。

 

これは正確に言うと、

買ってから3年ではなく、

 

製造してから3年ということです。

 

??何が違うのか??

化粧品などの商品は食品などとは違って製造した後すぐに出荷!というシステムにはなっていません。

食品ほどすぐに品質が悪くなるようなものではないので、製造した後メーカーの倉庫で数ヶ月は保管されていることが多いようです。

 

そこから注文が入ると問屋(ディーラー)に運ばれ、

一般の小売店(店舗、ドラッグストア、理美容室など)に運ばれて販売されるのが通常のルートです。

人気の商品や人気のお店であれば回転率も早く製造して1ヶ月も経たない内にお客様の元へ届くと思いますが、

これが人気のない商品、何かしらの理由で売れ残ってしまった商品の場合だと、

 

製造後、メーカーの倉庫で半年

 

問屋の倉庫で半年

 

小売店の店頭で半年~数年

 

お客様が購入したときにはすでに製造から2年以上経ってしまっていることがあります!

人気の無い売れ残り商品なら下手したら購入したときにすでに3年経っている場合も・・・

 

一般的なお店であれば売れ残ることは当然嫌なので売れる商品、売れる量を考えて仕入れをしますし、在庫を長く抱える前にキャンペーンやセールなどを行うのでそんなに長期で売れ残っていることは少ないのですが、

世の中には色々な事情で大量に仕入れてしまい大量の在庫を抱えてしまうこともあります。

誤注だったり、思ったより全然売れなかったり、すぐ新商品に入れ替えしたり、閉店したり・・・

 

そういった状況であれば”仕入れ値”と同じ程度か少しくらい安くなっても、大量の在庫を買い取ってほしいと思うようなお店や人がたくさんいます。

 

そういったお店などから安く大量に購入して、それを販売していたりするのが、

 

『安売りのネット販売です!』

 

妙に安い商品の理由はこんなところに秘密があったりするのです。

 

もちろんすべてがこの理由ではないと思いますが、

「定価の50〜70%OFF!送料込み!」

 

常にこんな値段で販売していたら普通のお店では大赤字です。

 

常にこんな価格で販売しているようなネットショップがあれば正規のルートで仕入れた商品ではない可能性が高いです!

 

保管方法もキチンとされているかわかりません。

なんでも安いものには特別な訳や裏事情があったりするのです。

 

化粧品は特に肌や、髪に触れるものでありますので、妙に安く古いものを買って肌トラブルになってしまわないように気をつけて下さいね!

 

『安全』を求めるなら信頼できるお店や正規のルートで販売されているものを買いましょうね!
(化粧品に限りませんが…)

 

もしネット販売、店頭販売問わず、ニオイがいつもと違う、質感がちょっと違うなどの違和感を感じた時は使用するのをやめて、購入されたところに問い合わせてみる方がいいでしょう。

正規のルートで仕入れているお店や良心的なお店なら快く交換に応じてくれるはずです。

 

もし、渋られたり、応じてくれないお店であれば、「やっぱり・・・」と思った方がいいのかも知れません!?

 

 

追記

こういった安売りや、契約した美容室でしか買えない様な美容室専売品と呼ばれる商品までネットで転売されていることがずっと問題になっていました。

しかし、ついにその事に対してメーカーや警察が動くことになり、初めての逮捕者が出ました!

製造番号を削り取った美容室専売メーカーのシャンプーなどをインターネットオークションで転売したとして、警視庁は6日、東京都渋谷区道玄坂2丁目の美容室「Riku」の男性店長(45)ら美容師3人を医薬品医療機器法違反(不正表示化粧品の販売)の疑いで書類送検し、発表した。

引用:美容室用シャンプーヤフオクで転売容疑 3人を書類送検

 

ただし、今回の容疑のポイントは”転売“行為が取り締まられたのではなく、「不正表示化粧品の販売」ということで、

流通ルートを特定されないために、製造番号を削っていたことが罪となっています。

実は「転売自体は違法ではない」ということです。転売が違法であればもっと早くメーカーや国も動いているでしょうし、たくさんの人が捕まりますし、Amazonやメルカリなんかも成立しませんね。

 

ということで、今後も転売によるネット販売はまだまだ続くと思いますので、消費者のみな様は騙され品質の悪いものを購入しないように気をつけてくださいね。

 

ではでは。

 

開封した化粧品の劣化を少しでも遅らせる方法とは?

2018年11月12日

安心安全?インスタ映え?『手作りコスメ』の危険性とは

2017年12月4日

『大暴露!』市販のトリートメント消費者騙しの実態とは!?

2017年7月22日

 

 

 

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪