ブリーチを繰り返してはいけないでしょうか?

 

どーもー!

髪と頭皮のことを真剣に考える美容師あっくんです。

 

 

今回LINE@の方にいただいたご質問は、

ブリーチを繰り返してはいけないでしょうか?

 

といったシンプルなご質問です。

まぁこの言葉だけでは何をもって“いい・いけない”かを判断するのは難しいところですが、

ブリーチ」は基本的に美容室の中でも髪の毛に一、二を争うダメージを与えてしまうメニューになります。

 

最近ではブリーチのダメージを減らす処理剤や方法なども出てきていますが、

傷めずにブリーチできる!?噂の処理剤『R(アール)』を試してみた!

2017.11.26

 

巷では「髪の毛を傷ませない!」と言いきってしまっているものをみかけますが、髪の毛を明るくする以上、髪へのダメージは必ずあると思ってもらっていた方がいいでしょう。

 

頭皮に関しても刺激が強いので頭皮自体にも出来る限り付けない方がいいです。
もし頭皮からベタベタ塗ってしまうとかなりの刺激になり強い痛みが発生したり、中にはかぶれてしまう方もおられます。

頭皮には直接塗らないような塗り方をしてもらったり、保護クリームなどを塗ってから塗布してもらうなどの対策をしてもらうことをオススメします。

 

ただし、

 

ブリーチをしないと出来ないヘアデザインや色もあるのは確かです。

最近流行の透明感のあるヘアカラーなどは1度ブリーチをしてからカラーを重ねないと日本人の黒髪からでは表現しにくいです。

 

それは、お客様がどちらを優先したいのかで決めてもらうことになります。

髪や頭皮のことを1番に優先するならブリーチを繰り返すことはしない方がいいと思いますし、

それ以上にオシャレが優先で明るい色であったり、外国人のようなヘアカラーを楽しみたいならブリーチも必要だと思います。

あなたがヘアスタイルで優先したいものは何か?を考えてみてください。

 

その上で担当美容師さんとご相談してみましょう。

もしかしたらブリーチを繰り返ししなくても近い色味は出るかもしれませんし、
ブリーチするにしてもグラデーションにしたり、メッシュ状にしたり、傷みにくいブリーチ方法などや、ヘアケアのアドバイスなどでダメージを減らす方法はあるかもしれません。

ヘアケアとヘアデザインを両立できることが理想です。(美容師も常にそこを目指しています!)

 

あっくん
間違っても市販のブリーチなどを使ってセルフカラーなどではどちらもうまくいかないので気をつけてくださいねw

 

 

 

ではでは。

 

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪