植物性なのに危険!?「茶のしずく石鹸」事件からアレルギーについて考える

 

どーも!みなさん「茶のしずく石鹸事件」と呼ばれている事件をご存知ですか?

 

「茶のしずく石鹸」とは、2005年頃から発売されていた美容石鹸で、株式会社悠香(ゆうか)で販売されております。

出典:http://leya.sakura.ne.jp/otyase/
CMによる広告展開もあり、全国に広まってゆき、2008年にはモンドセレクションで「金賞」を受賞したりと、2010年あたりまでに約4650万個を販売したと言われているヒット商品です。

しかし2009年ごろからこのヒット商品だった「茶のしずく石鹸」を使用していた人達がアレルギーを発症したという事件が起こり問題になりました。

 

当時はニュースなどでもかなり話題になりましたので覚えている方も多いのではないかと思います。

しかし、もう10年ほど前の事件になりますので、どうしてアレルギーになってしまったということも忘れてしまったり、よくわかっていなかった方も多いと思います。

この事件のことを思い出すことで、アレルギーに対する知識や意識が高まると思いますので

今回あらためて「茶のしずく石鹸事件」についての概要を説明したいと思います。

 

 

『茶のしずく石鹸事件』とは

 

出典:http://www.data-max.co.jp/270624_ib1223_01/

 

2009年ごろ「茶のしずく石鹸」を使っていた人がアレルギーを起こすという事件が起こり問題になりました。

具体的なアレルギーとして”小麦アレルギー”を発症する人が出てきたのです。

発症した人の中には、使用中の痒みやかぶれだけでなく、その後小麦を含む食品を食べてもアレルギーを起こしたり、
もともとアレルギー体質でなかった人まで発症を起こしたりと通常の化粧品で起こるアレルギー反応の中でも強いものでした。

 

一見、肌にも良さそうな植物性の石鹸なのになぜ「茶のしずく石鹸」を使用して”お茶アレルギー”ではなく、小麦アレルギーになってしまったのでしょうか?

 

なぜ「茶のしずく石鹸」を使用して小麦アレルギーになってしまったの?

 

その原因は茶のしずく石鹸の成分の中に加水分解コムギ「グルパール19S」という小麦由来の成分が含まれていることでした。

 

 

加水分解コムギ「グルパール19S」とは?

 

加水分解コムギ「グルパール19S」は、当時の(株)悠香の「茶のしずく石鹸」をはじめとする30種以上の化粧品で使用されていた成分なのですが、

このグルパール19Sの原料にもなっている「加水分解コムギ」とは、小麦タンパクを加水分解(水に溶けやすくする)して作られた成分のことです。

この加水分解コムギは、泡立ちを良くしたり、使用感を増したりと様々な化粧品や、

美容室のトリートメントなどにも含まれている保湿効果にすぐれた成分です。

 

「加水分解コムギ」は他の製品にも含まれているのなら「なぜ茶のしずく石鹸だけアレルギーになったの?」と思う方も多いでしょう。

 

それは洗顔石鹸とは、もちろん顔を洗うために使用するものです。

洗顔石鹸に「加水分解コムギ」が入っていると、洗顔をするときに目や鼻の粘膜に少量付着します。

皮膚だけでなく、粘膜という弱い部分に浸透し、これが毎日積み重なることで、からだに侵入していきます。

アレルギー反応とは、体内にアレルギー成分が蓄積されたときに起こる間違った自己免疫システムです。

 

つまり、加水分解コムギは人体にとって悪い成分では無いのにも関わらず、

「これ以上コムギを体内に入れないで!」

と危険信号を発します。これがアレルギー反応です。

花粉症の原因がスギやヒノキの花粉を鼻や口から吸っていることで起こるのと同じ理由ですね

 

そして加水分解コムギは上記の様に、多くの製品に配合されていますが、どうして茶のしずくだけこれほど問題になってしまったのか、その理由とは、

 

 

グルパール19Sは分子量が大きかった!

 

化粧品等に使用する加水分解コムギは、通常分子量が1000以下を使用することが多いのですが、

茶のしずく石鹸に使われていた加水分解コムギ「グルパール19S」は、危険ゾーンとされる50000~60000の分子量の加水分解コムギを使用していたそうです。

 

なぜそんなアレルギーのリスクがある分子量が大きい物を使用したのでしょうか?

 

それは・・・

 

もっちり泡を作るため!

茶のしずくで有名なのは、手を逆さまにしても落ちないもっちり泡。 

あの”もっちり泡”を作っているのが、分子量の大きい加水分解コムギ「グルパール19S」だったのです!

 

もちろん、ほとんどの方が毎日の様にパンや麺類で食べたりする、小麦自体が悪いものではないというのはみなさんお解りの通りですが、

小麦自体はアレルギーを起こしやすい成分でもあります。

天然、自然のものだから必ずしも身体に良く安全というわけではありません。

 

 

 

まとめ

 

今回の事件は、毎日使用し、目や鼻などから成分が浸入しやすい”洗顔石鹸”に、

アレルギー性が高いとされる、分子量の大きい「加水分解コムギ」という成分が使用されていたことに原因がありました。

この石鹸を製作した時にメーカー側の悪意があったかのどうかはわかりませんが、

「茶のしずく」訴訟で44人と和解 京都地裁、「悠香」側が計5900万円支払いへ

 

「体や肌に良さそう!」と思っている、”天然成分配合”や”植物性”と書かれているものにもこういうリスクがあるということも知っておいてくださいね!

 

 

ちなみに現在の「茶のしずく石鹸」はリニューアルされまして、加水分解コムギ「グルパール19S」は含まれていませんのでご安心を。

株式会社 悠香(ゆうか)

https://www.yuuka.co.jp/product/soap.action?cookie_retry=true

薬用 悠香の石鹸

有効成分:
グリチルリチン酸2K
その他の成分:
石けん用素地、茶エキス-1、オウゴンエキス、カモミラエキス-1、アロエエキス-2、 黒砂糖、ユキノシタエキス、ホホバ油、シア脂、ベントナイト、グリセリン、ファンゴ、 ヒドロキシエタンジホスホン酸4Na、フェノキシエタノール、黄酸化Fe、群青、香料、BG

 

もし、みなさんも新しい石鹸や化粧品などに変えた後にアレルギー反応などの異変が起こったときはすぐさま使用を中止し、医療機関にご相談ください。

 

 

ではでは。

 

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪