2021年、大阪府寝屋川市に美容室「hair's LOG(ヘアーズ ログ)』を独立オープンさせていただきました!

白髪が染まる世界初のシャンプーMODA MODA(モダモダ)の仕組みと特徴について

 

どーもー!

大阪で髪と頭皮、ヘアカラーについて真剣に考える美容師あっくんです。

 

現在、韓国で色々と話題になっている「モダモダ」というシャンプーがあるようです。

なにやらシャンプーとして毎日髪の毛を洗っているだけで、白髪を黒髪に戻してくれる世界初のシャンプーなんだとか!?

それはどんなメカニズムでどのくらい染まるのか?

今回はそんなモダモダのシャンプーについてどの様なものか詳しく解説していきたいと思います。

 

ノンジアミンヘアカラー『NODIA』をプロデュース

ヘアカラーやジアミンかぶれの方への知識や実績が認められノンジアミンヘアカラー『NODIA(ノジア)』をプロデュースさせていただいました。

業界誌「経営とサイエンス」でも理美容師様向けにヘアカラーでの頭皮刺激対策について特集を組ませていただきました。

その他メディア掲載情報

ヘアカラーでのアレルギーでお悩みの方に加えて、全国で理美容師向けのアレルギー・ノンジアミンヘアカラーのセミナーも行っています。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

韓国で大ヒット!白髪が黒くなる「モダモダシャンプー」

現在韓国で340億ウォン(約33億円)を売るヒット商品になっているのが、

シャンプーで白髪を黒くしてくれるという、

「モダモダ プロチェンジ ブラックシャンプー」です。

(【公式サイト】韓国のサイトの様ですが日本語にも翻訳してくれるので読むことができます)

日本でも楽天やアマゾンで2021年の9月ごろから並行輸入で販売され人気になっているようです。

 

ただし2021年の年末に韓国内でちょっとトラブルになっている様なのでサイトでの表記もまた少し変わるかもしれません。
(トラブルの内容は記事後半に書いています。)

 

「モダモダ プロチェンジ ブラックシャンプー」とは?

モダモダはKAIST(韓国科学技術院)化学科の
イ・ヘシン教授が、

ポリフェノール研究・開発(R&D)を通じて作り出した”世界初の染色効果シャンプー”

皮をむいたリンゴが空気中に長く触れると茶色に変わるのと同じ原理を利用。

染色剤ではなくシャンプーだけを使用しているにもかかわらず白髪が黒褐色に変わる。

頭皮炎症や視力低下など、染色による副作用がなく、普段髪の毛を洗う方法だけで染色効果を得ることができる。

モダモダを開発したイ教授はポリフェノール研究分野でよく知られた学者。

KAIST(韓国科学技術院)生命科学科を卒業して米国ノースウェスタン大学で医工学を学び、博士学位を取得した。

その後、博士後期課程ではメッセンジャーRNA基盤の新型コロナウイルス(新型肺炎)ワクチンを開発したモデルナ設立者の1人であるロバート・ランガー氏〔マサチューセッツ工科大学(MIT)教授〕に学んだ。

KAISTには2009年、教授として任用された。

イ教授は2018年国際学術情報機関
「クラリベイト・アナリティクス」における論文引用基準で世界上位1%の科学者(Highly Cited Researcher)に選ばれたこともある。

モダモダシャンプーは従来のシャンプーにポリフェノール成分を配合し、容器の中に密閉して酸素と触れ合わないようにしたのが技術の核心だ。

髪の毛にシャンプーが付着するとポリフェノール成分が髪の毛の表面について褐変現象を引き起こす。

ポリフェノールの褐変現象を利用したシャンプー開発はイ教授が世界で初めてだ。

イ教授はこの技術に対して、韓国はもちろん米国など海外特許までして取得した。

との事です。

これを読むと、何やら韓国の凄い博士が開発した、

ポリフェノールなどを利用して髪の毛を染める、これまでに無い画期的なシャンプーの様です!

 

こちらのモダモダ プロチェンジブラックシャンプーについて個人的に色々と調べてみましたので、

現時点でわかった事を解説していきたいと思います!

 

モダモダシャンプーの特徴やメカニズム

美容先進国、韓国発のシャンプー「モダモダ プロチェンジ ブラックシャンプー」は、

黒くなるバナナから着想を得た、「自然褐変」の原理を応用する事で、白髪を黒くしてくれる効果があるとの事です。

あっくん
バナナやリンゴは、皮を剥いたまま置いておくと、空気によって黒くなりますよね

 

これは、表面にある「ポリフェノール」が空気中の酸素に反応して生じる抗酸化反応で、

このポリフェノールの酸化によって褐色するという原理を毛髪に応用したとの事です!

 

ポリフェノールによる自然褐変効果

毛髪の表面にあるキューティクル層に、

ポリフェノール成分を浸透させて、

それが酸素と日光に反応することで、髪の毛が自然と褐色していくという原理のようです。

 

まさに、皮をむいたリンゴが空気中に長く触れると茶色に変わるのと同じ原理で、

白髪にモダモダシャンプーが付着すると、

ポリフェノール成分が髪の毛の表面について褐変現象を引き起こし、白髪が黒褐色に変わるという事です!

 

モダモダ シャンプーの全成分

〈全成分〉

  • 精製水
  • オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
  • スルホコハク酸ラウレス2N
  • グリセリン
  • ココイルイセチオン酸Na
  • ラウリルヒドロキシスルタイン
  • ブチレングリコール
  • ラウリルグルコシド
  • 1,2-ヘキサンジオール
  • 黒ゴマ抽出物
  • 黒桑の実抽出物
  • 黒トリュフ抽出物
  • ブラッククミン抽出物
  • ブラックチェリー抽出物
  • 黒桑の皮抽出物
  • ナイアシンアミド
  • 緑茶抽出物
  • 没食子酸
  • PEI
  • キャラメル
  • 1,2,4-トリヒドロキシベンゼン
  • クエン酸
  • タンニン酸
  • カフェイン
  • 塩化ナトリウム
  • グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド
  • パンテノール
  • ポリクオタニウム-10
  • エチルヘキシルグリセリン
  • カプリリルグリコール
  • メンソール
  • サリチル酸
  • PPG-3カプリリルエーテル
  • ペパーミントオイル

 

モダモダシャンプー開発者

このシャンプーを開発したのは、イ・ヘシンというKAIST(韓国科学技術院)化学科の教授。

KAIST生命科学科卒業後、米国ノースウェスタン大学で医工学を学び、博士学位を取得。2018年国際学術情報機関「クラリベイト・アナリティクス」における論文引用基準で世界上位1%に選ばれたこともある。

あっくん
なにやらめっちゃ凄い博士の様です!(語彙力w)

 

世界的な科学者であるイ・へシン教授が手掛けていて、

 

脱毛症状緩和機能シャンプーとして韓国の食品医薬品安定所からの認定を得ていたり、

 

植物原料100%で、頭皮を刺激せずに脱毛症状の緩和と白髪の悩みを解決できる、

しかも、頭皮の鎮静効果や保湿効果も高くフケが抑えられるとあって、ヒットしているようです。

 

モダモダの染まる仕組みは本当に世界初?!

モダモダは「ポリフェノール」を利用した世界で初めての染色システムだと紹介されていますが、

ヘアカラーに詳しい方にはご存知の通り、

ポリフェノールを利用した白髪染めはかなり昔からあります!

あっくん
しかも日本で!笑

 

それは「お歯黒式ヘアカラー」呼ばれるもので、

ポリフェノール(タンニン酸)」と「鉄分」を用いた「オハグロ式」の毛染めが、

日本では”明治時代”から使用されてたと言われています。

 

詳しい歴史やメカニズムはこちらの記事にまとめていますが、

 

「お歯黒式ヘアカラー」は、

1剤に配合されているポリフェノール類等と、

2剤に配合されている鉄塩が反応してできた化合物が、色素となって髪を黒褐色に染め上げるヘアカラーです。

しかし、

  • 臭いが硫黄くさい
  • 色味がほぼ選べない
  • 染めるのに時間がかかる
  • パーマがかからなくなる
  • ヘアカラーで色を変えれなくなる

などデメリットが多く今はほとんど使用されていません。

 

それと、少し前にこんな記事も書きました。

これも仕組みはお歯黒式ヘアカラーの応用で、一つの製品の中に「没食子(ポリフェノール)」「鉄」が配合されているものでした。

今回のモダモダシャンプーは、韓国の製品であり、没食子酸なども配合されていますので、

まさにコレだ👆

 

「ついに製品化されて日本にも入ってきた!!」

と、思ったのですがw

今回のモダモダシャンプーの全成分を見てみると「鉄」の文字は見当たりませんでした。

さらに色々と成分を見てみても、

「タンニン酸」「没食子酸」含めポリフェノール成分はたくさん入っているのですが、

鉄の代わりとなる「金属成分」も特に見当たりませんでした。

という事は・・・

このモダモダシャンプーは、

お歯黒式ヘアカラーの様な金属成分無しで、まさにポリフェノール成分だけで髪の毛を染める事が出来ているという事になります!

つまり、昔からあるオハグロ式ヘアカラーの応用にはなるものの、

ポリフェノールだけで髪の毛を染める事に世界で初めて成功した製品、

または初めてポリフェノール褐色現象を利用したシャンプー、

という事になるのかもしれません!

その後、調べると同じ様に ポリフェノールと空気酸化で髪の毛を染めるという研究は日本でも以前からされていました。
あっくん
先に韓国が製品化に成功させたという感じっぽいですね

製品の中に空気が入ってポリフェノールが酸化しない様に、シャンプーの容器が特殊な形状になっているようです。

(いつまでも新鮮な醤油と同じ原理ですかね笑)

(補足)酸化染料ですが空気酸化をうまく利用したヘアカラーというのもあります。

 

モダモダシャンプーは実際に白髪が染まるのか!?

サイトなどでは、上の様な使用例が書かれていますが、

やっぱり本当なの?ここまで白髪染まるの??

っていう疑問はあります。

あっくん
口コミなどみても凄い染まったと書いてる人と、全然ダメって人に極端に分かれている感じがしますね

そう思っていたら、友人が実際に取り寄せて実験をしてくださったので、

それを元に報告したいと思います!

 

モダモダシャンプーで白髪が染まるか実験してみた!

白髪100%の毛束と、14レベルの毛束に、モダモダシャンプーでどの様に染まるのか実験です。

モダモダシャンプーはこの様な薄めのカラメルぽい色の様です。

あっくん
サイトでの画像の様な濃い黒褐色ではなかったようですww

 

この2つの毛束にモダモダシャンプーを泡立てて、

10分ほど時間を置いてみました。

 

その結果は・・・

左から、
①白髪100%毛Before
②白髪100%毛After
③14レベル毛Before
④14レベル毛After

となりまして、結果としては、

白髪の毛束はほとんど染まりませんでした!w

しかし!

14レベルの毛束はかなり暗く染まりました!!

 

この結果から、褪色した既染部の色補充には効果を十分に感じると思います。

しかし、広告の様に根元の白髪がしっかりと染まるという様な事はなかなか難しい気がします。

もちろん使用回数を増やしたり、時間増やすとか、もっと空気に触れさせると、もっと染まるのかもしれません。

 

モダモダシャンプーの染色メカニズムや使用後の考察

モダモダシャンプーはポリフェノール成分と空気酸化により髪の毛を染めるメカニズムになっていますが、

実験の結果を見る限りでは、健康な白髪をしっかりと染める白髪染めとしては難しいのではないかと思います。

ただし、すでにヘアカラーをしていてダメージのある既染部にはよく染まるようです。

 

その為、暗めの黒っぽい髪色に染めてる方ならまだしも、

少しでも明るい白髪染めしてる方が使用すると、
どんどん毛先が暗く沈んできてしまう可能性があります。 

 

ただし、オハグロ式カラーの様に金属成分を使わないで染めれるために、

パーマやカラーがやりにくいみたいな弊害は少ないと思われるのですが、

ただ、ポリフェノール類によるハリコシが出るのと、髪とも多少架橋して強くなるので(ヘナとかの感じ)、そういう意味での、パーマのかかりにくさ、みたいなのはあるかもしれませんし、

ポリフェノール成分で染めた髪に、その後普通の白髪染めをした時に、思った色にならなかったり、明るくしたい時に明るく出来るのか?

など弊害は出ないのかが気になってしまいます。

 

韓国で広告トラブルに!?

しかし、このモダモダシャンプーが開発国の韓国で少しトラブルになっているようです。

その理由は、日本の厚生労働省薬事課にあたる「食品医薬品安全処(食薬処)」が、

“モダモダシャンプーが機能性化粧品ではないにも関わらず、製品の名称や製造方法、効能・効果などに関して機能性化粧品と間違って認識しかねない広告をしている”という理由と、

“医薬品と間違って認識する恐れがある内容の広告をモダモダが出している”

といった理由から全体的に見て消費者が間違って認識して騙される恐れがあると判断し、

「プロチェンジ・ブラックシャンプー」に対して4カ月間広告できないように行政処分を下したとの事です。

あっくん
つまり誇大広告をしていると判断され行政処分を受けました

 

モダモダ側は行政処分直後、直ちに中央行政審判委員会および行政裁判所に処分中断を求める執行停止申請を提出し、現在は行政裁判所が審理を行っているようです。

イ教授らはモダモダは機能性シャンプーのカテゴリーに入らない画期的な製品で、「制度が新技術についていってない」とし、規制が緩やかな米国に拠点を移すことも視野に入れているといいます。

(追加補足)

今回の騒動の原因が、モダモダシャンプーの中核原料である「1, 2, 4-ベンゼントリオール(THB)」という成分が、

細胞のDNAに変異を引き起こすなど、がん誘発する可能性があるという理由から、

モダモダシャンプーは安全性の低い商品だと判断されたようです。

 

モダモダシャンプー「まとめ」

まとめ

韓国で大ヒットしているという「モダモダ プロチェンジ ブラックシャンプー」は、

髪の毛のキューティクルにポリフェノールを染色させるという、韓国のイ教授が開発した世界初のシャンプーです。

染色とメカニズムとしては、日本でも昔から使われていた「お歯黒式ヘアカラー」の応用で、

ポリフェノールを鉄などの金属成分無しで、空気酸化により染色させる事に成功しました。

安全に染めることが出来るのは確かだと思いますが、広告の様に根元の白髪がしっかり染まるのかは少し疑問があり、韓国でも広告の表現に問題があると審議中の様です。

 

もし通常のヘアカラーをしている方が使い続けると毛先がどんどん暗く黒ずんでくる可能性があります。

あくまでヘアカラーをせずこのモダモダシャンプーのみで毛染めを行う、たまに使用する、など使い方には気をつけた方が良いと思うのと、

まだまだ新しい商品ですので、このブラックシャンプーで染めた後に起こるデメリット(今後のカラーやパーマに影響を与えるのか?)がわかりませんので、

興味本位で使用するのはやや危険な香りがします。

あっくん
何かあった時に美容室でも修正出来ない可能性もあります

 

ただ、このポリフェノールだけで髪の毛が染まるというのはとても面白い発想だなと思いましたし、

今後さらに進化して、よりよく白髪が染まったり、シャンプーではない製品化や、他のメーカーから新商品の開発されていく可能性も大いにあると思います。

今後のモダモダシャンプーの動向と共に新しいヘアカラーの情報については常にチェックしていきます。

あっくん
また何か新情報が入れば報告していきますね

 

ではでは。

 

 

その他にもたくさんヘアカラーのメカニズムの解説をしています

 

安全でノンジアミンのヘアカラーなら「NODIA(ノジア)」がオススメです💁‍♂️

 

(理美容師さん向け)NODIA(ノジア)について

▼商品紹介ページはコチラから
https://m-moulin.jp/products/nodia/

▼スターターセットは注文サイトから
https://m-moulin.co.jp/

▼会員登録がまだの方はコチラから
https://m-moulin.jp/register/

▼NODIA基本マニュアルはこちらから
https://atussy.com/nodia-color-manual-12561/

============================

※ノジアには無償サンプルをご用意しておりません。会員登録後、スターターセットをご利用ください。

 

この続きはcodocで購読
The following two tabs change content below.
大阪 寝屋川市 香里園駅 徒歩3分「hair's LOG(ヘアーズ ログ)のオーナーあっくんこと小野敦之(オノアツシ)です! ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。 特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみなどの知識・経験においては同業者や美容メーカーからも厚い信頼をいただいき、ノンジアミンカラー「NODIA(ノジア)」をプロデュース。全国でセミナー開催し好評を得る。

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUT US
あっくん★
大阪 寝屋川市 香里園駅 徒歩3分「hair's LOG(ヘアーズ ログ)のオーナーあっくんこと小野敦之(オノアツシ)です! ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。 特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみなどの知識・経験においては同業者や美容メーカーからも厚い信頼をいただいき、ノンジアミンカラー「NODIA(ノジア)」をプロデュース。全国でセミナー開催し好評を得る。
SNSでシェア