男性用と女性用の白髪染めヘアカラー何が違うの?

 

どーもー!

髪と頭皮のことを真剣に考える美容師あっくんです。

今回は営業中にお客様からいただいたご質問をご紹介したいと思います。

 

お客様
薬局とかで男性用と女性用で白髪染め分かれてるけどどう違うの?

といったご質問でした。

 

 

男性用と女性用白髪染めの違いとは?

 

違いですが美容室では特に、男性用女性用とカラー剤を使い分けたりはしていません。

何故なら白髪が染まるメカニズムに男女の違いがあるわけではないからです。

 

しかし、市販のもので白髪染めを購入しようと、スーパーやドラッグストアに行くと一般的に男性用・女性用とコーナーが分かれて販売されているため、男性は男性用を女性は女性用しか使えないと先入観で思っている方、それらを選ぶ方が多いかと思います。

実際パッケージを見ると、男性用は男性のモデルでかっこよかったり渋いデザインのものが多く、女性用のものは女性のモデルを使用してピンクやパープル系のデザインだったりといかにも男性用・女性用が別物の印象を受けてしまうのも当然かもしれません。

ネーミングもメンズ○○○などと書かれていたりしまするのもその原因ですね。

 

実際にそれぞれの成分表を並べて見比べてみても、

  • 酸化染料
  • アルカリ剤
  • 過酸化水素

という、染めるために配合されている成分は男性用と女性用で違いはありません。

 

ただ、男女どちらでも大まかな成分は同じですが薬剤以外に男性と女性の白髪染めにはパッケージ以外にも多少の傾向の違いがあります。

 

それでは男性用と女性用の白髪染めは何が違うのでしょうか?

 

女性の方が髪の量が多いことや女性よりも男性の方が髪の毛が太くて染まりづらいこと、香りやカラー後の仕上がりの質感など、男女では好みが違うため、それぞれの一般的な好みに合うように調整されて販売されていると考えられます。

その特徴を少し具体的にみていきましょう。

 

『男性用』白髪染めの特徴

男性用として販売されている白髪染めの特徴としては、”白髪染めをするのは面倒”と感じておられる男性が多いため、素早く簡単に染める事が出来る物が多いです。

色合いもブラックやダークブラウンなど定番のものだけで、明るさや色味の種類も少なく、暗めの色が中心となっています。

男性は色が抜けた時に赤っぽくなるよりはグレー系(アッシュ)に抜ける方が好まれますのでそういった色合いの白髪染めであることが多いです。

なので、好みですが赤みが好きな男性であれば男性用ではなく女性用白髪染めを購入される方がいいかもしれません。

さらに男性用として販売されているものは、男性には無香料のものが好まれることが多いために女性用のようなアロマの甘い香りなどではなく、ほとんどが刺激臭を抑える程度の香り付けがされている程度です。

 

また、男性用ではあまりトリートメント効果を売りにした白髪染めは多くなく、髪の痛みを気にせずに短時間で終わるように作られているものが多いです。

なぜなら男性はショートカットであることが多く髪が傷む前にカットしてダメージ部が無くなることが多いからです。
もちろん繰り返せば傷むのは間違いないですが、繰り返す前にカットしてしまうので、傷みを気にする必要がないんですね。なので余計なトリートメント成分は配合されずに早く染まることを目的とした商品になっています。

 

 

『女性用』白髪染めの特徴

女性は白髪を染めながらもオシャレを楽しみたい、染めても髪を傷めないようにしたいなど男性よりもこだわる部分は多い傾向にあります。

そのためカラー剤の色のバリエーションは様々で明るい色から暗めの色、ブラウンでもナチュラルブラウンだけでなくオレンジブラウン、レッドブラウンなどバリエーションが多いです。

女性は男性よりも暖色系を好みますが、アッシュやマットなどの寒色系の色まで様々なラインナップになっています。

そして男性よりも髪の長さも長く、白髪染め以外の施術(パーマやアイロンなど)が女性のほうが多いため、キレイな白髪染めを継続するにはどうしても髪が傷みやすい傾向にあるため傷みにくい白髪染めというものを求められます。

なのでトリートメントなどを配合して髪にツヤ与えてくれたり流したときにも傷んだように感じないように工夫されたタイプが多いのも女性用ならではです。

さらに女性用として販売されているものは、女性は香りを好む傾向があることから、香りも楽しみながら白髪染めができるものが多いという特徴があります。

フローラルやバラなどの花の香りやオレンジなどの柑橘系の香りなど多種さまざまな香りのものがあり、アロマの香りに癒されながら白髪を染める事ができることを売りにしている商品もたくさん出ています。

 

 

 

まとめ

 

男性用と女性用で基本的にカラー剤の原理は変わりません。

基本的な成分や染まり方に大差はないため、女性が男性用のものを、男性が女性用のものを使っても全く問題はありません。

男性用にないカラーを染めたい、香りも楽しみながら白髪染めがしたい、髪が傷んでいるのでトリートメント効果も得たい、というような方は女性用の白髪染めも併せて選択肢を広げれば、ご自分に合った白髪染めを選びやすくなります。

ただし、市販の白髪染めを使ってご自身で染められるということは様々なデメリットがあるということをご理解してください。

家で毛染めをされる方へ!ジアミンアレルギーになりやすくなる4つの理由

2017.11.05

売上げじゃない!市販のカラーを美容師が嫌がる本当の理由!

2017.05.27

市販の白髪染めカラーの恐怖!黒くなった髪は明るくできない!?

2017.05.18

 

 

美容室ではお客様の髪質と好みの色に合わせて調整しますので男性用や女性用では分かれていません。

ご自身でヘアカラーされると絶対にムラになったり髪が傷んでしまったり、アレルギーになる確率も上がります。

安全で思った通りの髪色をご希望の方はぜひ美容室をヘアカラーを行なってくださいね。

 

ではでは。

 

 

The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、あなたの髪と頭皮のことを真剣に考える「ART FOR ART`S千林店」で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です!  ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。  特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみ、トラブルなどでお困りの方はぜひご覧ください。 facebookやtwitter・instagramなどのフォローなどもお気軽に♪