『薬用化粧品』って何?ドクターズコスメや普通の化粧品との違いとは?

 

どーもー!

髪と頭皮のことを真剣に考える美容師あっくんです。

 

化粧品選びの時に、

ときどき見かける『薬用』というフレーズ、

はたまた『ドクターズコスメ』というフレーズ、

どちらも薬やドクターという病院などをイメージする言葉を使っていますが、これらはどういった化粧品なのかちゃんと知っていますか?

薬用とかドクターとか書いていると、無条件に良いものって思い込んでいませんか?

 

今回はそんな『薬用化粧品』についてどういったものなのか、ドクターズコスメや普通の化粧品とどう違うのかについて書いていきたいと思います。

 

薬用化粧品って何?化粧品や医薬部外品との違いは?

「薬用」と聞くと、その言葉の響きから、

「すごく効きそう!」とか「肌にも安全そう」なんてポジティブなイメージや、

「肌トラブルに効きそうだけど、効果が強すぎそう」「薬はあんまり使いたくない」なんてネガティブなイメージをもたれる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、薬用化粧品は実は特別なものでもなく、

通称は「医薬部外品」と呼ばれているものです。

 

医薬部外品とは?

まず、薬用という意味をわかってもらうために「医薬部外品」について説明しておきます。

医薬品・医薬部外品・化粧品の分類の違いとは?

2017年3月23日
「医薬部外品」とは、
厚生労働省が認めた効果・効能に有効な成分が配合され、予防や衛生を目的に作られている製品のことです。

化粧品には配合できない有効成分が配合され、肌へ機能するように作られており、医薬品と化粧品の中間くらいの効果・効能があるといえます。

 

医薬部外品は、化粧品よりはもう少し効果が期待できますが、医薬品のように治療を目的としたものではありません。
その中で、製品名に”薬用“がつく医薬部外品の化粧品を「薬用化粧品」と呼んでいます。

つまり、

『薬用化粧品』=『医薬部外品の化粧品』

という事ですね。(医薬部外品の化粧品という表現は間違いかもしれませんがニュアンスはわかってもらえると思います)

 

薬用化粧品のメリット

薬用化粧品(医薬部外品)であると、国が認めた有効成分を配合出来るようになると同時に、

普通の化粧品では謳えない

  • ニキビを予防する
  • シミそばかすを防ぐ
  • フケかゆみを防ぐ

といった感じのセールストークを広告等に使うことができます。(もちろんその認められた成分を配合しているなら)

えっ!『髪質改善』もアウト!?知っておきたいダメージヘアの表現

2018年9月26日

 

普通の化粧品では「コレに効きます!」「アレを改善します!」ってハッキリ言えないのですけど、

医薬部外品である薬用化粧品なら大丈夫なのです。

あっくん
「フケかゆみを防ぐ!」って堂々と書いているシャンプーは「薬用」の文字が必ずあるはずです

 

なら、薬用化粧品の方が優れているから「全て薬用化粧品にしたらいいじゃん!」って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

 

・・・それは危険です!!

あっくん
ただ有効成分の入ってる化粧品を使えばいいってもんじゃないとこが、化粧品選びの難しさと、化粧品業界の仕組みなんですよね~ww

それを詳しく解説していきます。

 

医薬部外品の成分表示について

昔でいう「薬事法」、今は「薬機法」という、

“医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律”が2001年に改正されて、

化粧品は配合されている全ての成分をパッケージに表示しなければいけない「全成分表示」が義務となっています。

 

しかし、

「薬用化粧品(医薬部外品)」には、

 

全成分表示義務はありません!!

日本化粧品工業連合会による自主規制はあります(できれば全成分書いてあげてね〜ってこと)

 

薬用化粧品というのは、効果が期待できる有効成分が入っていることは間違いないのですが、

その「有効成分」以外に、何が入っているのかわからないという欠点もあるんです。

 

効果がある成分が入っているかもしれませんが、

もしかすると肌に合わないかもしれない成分も入っているかもしれない。。。

化粧品なら全て書いてくれているので、ご自身が合わない、アレルギーがあるという成分はある無しをご自身で確認する事ができますが、

薬用化粧品はパッケージを見ても、全てが載ってるわけじゃないから確認することが出来ないのです。

 

あっくん
薬用化粧品という肌に優しそうなイメージを持たせておきながら、刺激の強い成分がたくさん入ってる可能性もあります。

なので、”薬用”だから絶対安全と無条件で思い込むはやめておきましょう!

 

ドクターズコスメって何?

薬用化粧品と普通の化粧品との違いがわかったところで、

それじゃ、『ドクターズコスメ』って言われているのは何なの?薬用化粧品とも違うの?ってなりますが、

『ドクターズコスメ』というのは、

医師や医療機関などの専門家が開発もしくは監修している化粧品を指します。

化粧品を作るにおいてお医者さん(ドクター)に知識やアドバイスをいただきながら開発された化粧品の事を『ドクターズコスメ』と呼んでいるのです。

 

しかし、このドクターズコスメという言葉はとても曖昧で本当に決まった定義はありませんw

これまでの「化粧品」や「医薬部外品」「医薬品」など厚生労働省などが定めている分類上の言葉ではなく、化粧品メーカーが勝手に言い出してる造語になります。

 

つまりはお医者さんが監修して化粧品を作りあげればそれは全て「ドクターズコスメ」となりますので、

そのコスメが「化粧品」か「医薬部外品」であろうが関係ありません。

もちろん[ドクターズコスメ=薬用化粧品]ではありませんので、薬とドクターから連想して混同しない様に気をつけてください。

 

ちなみにドクターズコスメで問題になったのが、カネボウが起こした白斑事件と言われています。医薬品の知識がある為にあまりにも強い効能を狙い過ぎると副作用を生じる場合があります。あれは医薬品として医療機関からの説明を受けた上で処方されるべき製品だったのでしょう。

 

薬用化粧品(医薬部外品)まとめ

つまり『薬用化粧品』とは、医薬部外品と呼ばれる分類をされている製品の事で、

普通の化粧品とも、ドクターズコスメと呼ばれているものとは違います。

 

「薬用化粧品」には、パッケージに書かれている有効成分が含まれていて、普通の化粧品よりも強い効果・効能がありますが、決して全ての成分が書かれているわけではありません。

効果がある成分が入ってても、あなたの肌は合わないものやアレルギー反応を起こす成分も入っているかもしれません。

メーカーの良心に期待したいですが、表示しなくていいという理由でちょっと危ない成分を入れてしまっている可能性もゼロではありません。

そして効果が期待できるからといって副作用がないとも限りません。

何かに対して優れた効果があるということは必ず裏でなにか別の作用が起こってしまう可能性があるからです。

 

もし、使ってみて、

肌が赤くなる、痒くなるなどの症状な出た場合は薬用でも自分には合わない商品だとおもってすぐに使うのは止めましょう。

そして、症状が改善したと思えたら、普通の化粧品に戻してあげてもよいでしょう。

 

あっくん
ネーミングや分類にとらわれ過ぎないで、その時に合うと感じるものを使ってくださいね。

 

ではでは。

 

 

美肌への第一歩!『皮膚』のしくみと役割とは

2019年12月11日

どんな化粧品も実は中身は一緒だった!?共通する3つの成分のヒミツ

2018年3月17日

安心安全?インスタ映え?『手作りコスメ』の危険性とは

2017年12月4日
The following two tabs change content below.

あっくん★

スタイリストART FOR ART`S
大阪、京阪千林駅すぐ、ART FOR ART`S千林店で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です! ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。 特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみなどの知識・経験においては同業者や美容メーカーからも厚い信頼をいただいき、ノンジアミンカラー「NODIA(ノジア)」をプロデュース。全国でセミナー開催し好評を得る。

あっくんへのご質問・ご予約はコチラから♪

ヘアスタイルやヘアケア、髪の毛の癖やダメージ、頭皮のアレルギーなど様々なトラブルでお困りの方、

もしかするとそのお悩みをを解決する方法があるかもしれません♪

ぜひ一度、お気軽にお問い合わせしてみて下さい。

僕の詳しいプロフィールや普段のサロンワーク、ヘアケアの考え方などはブログの1番上か下のMENU欄に項目がありますのでぜひそちらも読んでみて下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、京阪千林駅すぐ、ART FOR ART`S千林店で美容師をしている、あっくんこと小野敦之(オノアツシ)です! ヘアケア・ヘアスタイル・美容に関わる正しくて為になる情報を楽しく発信しています。 特に髪の毛の傷みや、ヘアカラーにおけるアレルギーやかゆみなどの知識・経験においては同業者や美容メーカーからも厚い信頼をいただいき、ノンジアミンカラー「NODIA(ノジア)」をプロデュース。全国でセミナー開催し好評を得る。